<   2014年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ダークチェリータルト。

ダークチェリーがあったので、又、タルトを作りました。
b0116313_2242534.jpg

が、焼きあがってびっくりしたのは、チェリーを入れるのを
忘れていたこと!
まだ、表面が柔らかいので無理やりチェリーを押し込みました。
b0116313_23413083.jpg


そしたら、セーフ!
大丈夫でした。

このフライパンで作るタルト。
アムウエイのフライパンで作りますが、多層の厚いフライパンで
作れると思います。
タルトの型もいらないので、便利です。

材料)
 
タルト生地・・・バター 60g、砂糖 半カップ、卵黄 1個分、小麦粉 1 1/4カップ

フィリング・・・小麦粉 半カップ、バター 40g、砂糖 1/4カップ、卵黄 2個分

         生クリーム 100㏄、牛乳 100㏄、ダークチェリー

作り方)

 ①タルト生地の材料を、フードプロセッサーで混ぜひと塊にする。

   バターを細かくして、手で混ぜても出来ます。

 ②中フライパンにクッキングシートを、丸く切り敷く。

  ①を伸ばし敷きこむ。丸い塊をフライパンの底の中心から伸ばして立ち上げます。

 ③フィリングの材料を、フードプロセッサーで良く混ぜます。(メタルプレート)
 
 ④②の生地に流しいれます。

   ダークチェリーを散らし入れ、電磁調理器(インダクションプレート)でプレート

   160℃で25分、蓋をして焼きます。

   表面が固まったら冷まします。
by sarutobietthan | 2014-03-12 22:06 | レシピ | Comments(4)

初しょうが焼き。

今日は、3月11日。
朝、娘とテレビを観ながらもらい泣き。
あの日の、夜は真っ暗で寒かった。
ディズニーランドにいた娘が、何回も電話して
旦那に繋がった時に、「家は?」と聞くと
「もう、だめだ。」と聞いたので、娘は家は無くなってしまったと
思ったそうです。

今、こうして暖かい部屋で過ごせることはどんなに、幸せでしょう。
今朝、テレビで唄っていた唄。
作詞︰ATSUSHI

道しるべ

君が歩く道を 未来が歩く
僕が歩く道は 小さな道しるべ

知らず知らずに つないでいた糸も
気づけば遙か長い 歴史となり
いつの日にか 訪れる幸せ その日を待つ

人は誰も痛みを 抱えて歩く
言葉足らず時に 分かり合えずに

悲しいことでさえも 傷つけたことも
気づけば遙か遠い 過去の学び

明日この身にたえても
悔やまぬ生き方をする

知らず知らずにつないでいた糸も
気づけば遙か長い 歴史となり
いつの日にか 訪れる幸せ その日を待つ


土曜に、娘の彼が八海山を持って夕飯を食べに来ました。
こんな時、お掃除したり、料理を作ったりするのは娘!のはず。
なのに、何もしません。。
1時間前に、ロールキャベツがいいと言うので思わず
「料理をなめたら、あかんぜよ!」とイッカツ。

b0116313_22441764.jpg
b0116313_22443429.jpg
b0116313_22444828.jpg

ナナが、少しづつ近寄って来ています。
この日、娘が初めてしょうが焼きを作りました。
多分、写真は横になると思いますが、
b0116313_22453674.jpg

手前の大きなお皿の肉が、初しょうが焼きです。
b0116313_22512368.jpg

私が作った、焼きナポリタン。

b0116313_2247294.jpg

別な日に作った、手羽の甘辛煮。
我が家は、酢をたっぷり入れます。
開いてある手羽だと、ばあも食べやすい。

b0116313_22491791.jpg

日曜の夜は、京芋の煮物。
ベニシアさんを観た後なので、我が家の寒いキッチンも
大原の築100年の古民家だと思えます。
b0116313_22521896.jpg

こちらは、紫キャベツのマリネ。
b0116313_2253047.jpg

実家で貰ったレモンみたいな果物のスライス、林檎の千切りを
混ぜてマリネ。
さっぱりして、とても美味しかったです。
b0116313_22552575.jpg

色も綺麗です。

b0116313_22561044.jpg

こちらは、春キャベツと生ハムのサラダ。

b0116313_22565462.jpg

友達から貰った、水仙の和菓子。
この緑は、水仙の葉の色ですね。
明日は、もっと暖かになりそうです。
b0116313_22572594.jpg

じっとしていられなくなります。。
by sarutobietthan | 2014-03-11 22:57 | 日常 | Comments(6)

船串篤司さんのお皿。

2月の中旬、大雪のころ船串篤司さんの個展が
あることを知りました。
笠間焼の作家さんです。
以前から、作品を見たいと思っていました。
b0116313_20474712.jpg

船串さんて、このお気に入りの
b0116313_20482411.jpg

フライヤーの、このお皿の作家さんです。

大雪で行けそうに無いと、思っていましたが大雨になり
雪が解けて行くことができました。
b0116313_20509100.jpg

流石、大雪の後の夕方とありご本人はいらっしゃらないと思ってました。
が、いらしたのです。
場所は、ノブズギャラリー。
とても、気さくで感じのいい方で色々、お話してくれました。
日常で使えるように、無難な白いお皿を買いました。

帰りの車の中で、誰かに似ていると思ったのですが、
そうだ!
生田斗真に似ている!
お肌ツルツルのイケメンだったのです。
海のふたさんは、「いや、岡田准一に似てる」と言う位ジャニーズ系です。
きっと、今年はブレイクしちゃうな。。

b0116313_20562223.jpg

せっかく、お気に入りのお皿を手に入れたのだから
何かを作ろう!
苺のタルトを作りました。
b0116313_20584266.jpg
b0116313_20591136.jpg

八寸なので、ケーキがホールで載せられます。

b0116313_20592424.jpg

そのあと、ダークチェリータルトも焼いてみました。
b0116313_2101211.jpg
b0116313_2102471.jpg

フライパンで焼く、簡単タルトです。

次は、ガトーショコラを載せてみたいな。
by sarutobietthan | 2014-03-09 20:44 | 料理 | Comments(4)

再び、ミモザのリース。

今日の風は冷たかったです。
東京で、雪がチラついたそうです。
私は、くしゃみの連発。。

ミモザのリースを、差し上げたい人がいまして。
ちょうど、ミモザを調達することができました。

腰の痛さを忘れてリース作り。
b0116313_22271421.jpg

花屋さんにあったリースの土台。
クリスマスの残りという事で、格安で譲ってもらえました。
ただ、凹凸があるのでワイヤーで結ぶのは難しい。
グルーガンで付けていきました。
b0116313_2231815.jpg

ちょっと、大きくカットして動きが出たかな?
b0116313_22315486.jpg

壁に飾ると、感じが解ります。
b0116313_22323793.jpg

このリースは、手渡しできるのでフサフサしています。
土台の枝が見えてるのも、なかなか、いいかも?

b0116313_2233415.jpg

こちらは、宅急便で送るので枝を短く切って、
グルーをしっかり付けます。
b0116313_22371681.jpg

b0116313_22373147.jpg

思っていたよりは、いい感じ。。
ふふ、ちょっと嬉しい。
ミモザの木が、大雪で折れてしまった友人にミモザ見舞いです。

今回は力まず、相手の顔を想像しながら作りました。
そして、籠の寄せ植えを作りたかったのに土を買いに行けずに残念。
b0116313_2241572.jpg

プリムラ。
b0116313_22423916.jpg

八重のコデマリ。
b0116313_22431948.jpg

ムスカリ。
b0116313_2243447.jpg

籠に並べてシュミレーションします。

b0116313_22441022.jpg

b0116313_22443781.jpg

ミモザって本当に、可愛い。

b0116313_22471162.jpg

チューリップも、買ってきました。
b0116313_2248195.jpg
b0116313_2248343.jpg
b0116313_22485652.jpg
b0116313_22494457.jpg
b0116313_2250953.jpg

只今、我が家に遊びに来ると
b0116313_22505030.jpg

お花が見れます。

b0116313_22513154.jpg

今日の、ベストショット。
by sarutobietthan | 2014-03-07 22:35 | 日常 | Comments(4)

筑波海軍航空隊記念館 @旧友部町

私の実家のある、旧友部町に霞ヶ浦海軍航空隊友部分遣対隊がありました。
後で、筑波海軍航空隊と呼ばれたようです。
その建物、旧司令部庁舎が奇跡的にほぼ当時のままで保存されてます。

話題の映画「永遠の0」の撮影が、行われ今は記念館として5月の連休辺りまで
公開されているので、見学してきました。

b0116313_22131411.jpg

こちらは、桜の名所でもあり小学生の時、写生に来たりしました。
b0116313_22152341.jpg
b0116313_22153852.jpg
b0116313_22155390.jpg

建物はちょっと前までは、県立友部病院として使用されていました。
その前は、校舎としてもつかわれていたそうです。
使用されていたので、痛みが少なく奇跡的に残ったそうです。

b0116313_22181211.jpg
b0116313_22182872.jpg

入口にすぐ展示されているパネル。
当時は、兵隊さんを励ます手紙を女子学生が書いていました。
こちらの予備士官の少尉と、女子学生の手紙のやり取りは200通に及びます。
実際に出会えることは、無かったそうです。
少尉からの最後の手紙の中に入っていたのは、手作りのペンダントでした。
その材料は爆撃機のコックピットのガラス。
手にすることの出来る材質の中の、それでも美しいもので少尉は彫ったのです。
少尉が乗る零戦と、二人のイニシャルが彫られたハートの形のペンダント。
その当時、これだけの物を作るのにどれだけの時間が掛ったのでしょうか?
本物のペンダントが、展示されています。

私は何でも入り込み易いので、特に戦争、特攻隊というものには
極力近寄らないでいました。
でも、このペンダントの話だけでもウルウル。。
純愛です。
人は限られた状況の中に居るほど、純粋な気持ちを持つことができるのでしょうか?
たわいのないメールのやり取りはしても、1字1字心のこもった手紙を
書いたのはいつでしょう?
出来るだけの、精一杯の贈り物は何でしょう?

b0116313_22364589.jpg
b0116313_2237253.jpg
b0116313_22371843.jpg
b0116313_22374025.jpg
b0116313_22375832.jpg
b0116313_22381465.jpg
b0116313_22382988.jpg
b0116313_22384486.jpg
b0116313_22385817.jpg
b0116313_22391255.jpg
b0116313_22392680.jpg
b0116313_2239516.jpg

撮影に使われた部屋が、そのままになっており見学できます。

b0116313_22402158.jpg

b0116313_22491153.jpg
b0116313_22492776.jpg
b0116313_22494380.jpg
b0116313_22501463.jpg

b0116313_23513095.jpg

こちらの基地から、フィリピンに向けて25名の特攻隊員が寄せ書きを残して
進出しました。
殆どが、20代前半の予備学生でした。
その当時のことは、よくわからないのですが、この筆跡を見ると
今でいうエリートの人たちなのだという事が解ります。
この手紙を見た時には、本当に胸に何かが突き刺さるような
衝撃を感じます。

この建物で過ごした若者の、息吹きが伝わって来るようです。
戦争や歴史に興味が無くても、テレビや雑誌で見るものとは違う
遺品が何かを語り掛けてきます。
本物の品を観る機会は、そんなに無いことだと思います。
観れば、何かを感じることができると思います。
20何年かの短い人生でしたが、今の私たちの暮らしと
比べると凝縮された、1日1日大事に暮らした家族を愛した
尊い日々だったと思います。

こちらの建物は、日本で唯一残っている戦争遺跡で歴史的、文化的価値が
大変高いのですが、取り壊しの予定になっているそうです。
それを保存してもらえるように、窓口に署名簿が置いてあります。
後世に残し、沢山の若者に見てもらいたいです。

b0116313_236331.jpg
b0116313_2361894.jpg

もうすぐ、綺麗な桜が咲きます。
近くまでお越しの際には、お寄りください。

現在は、県立こころの医療センターの入口から入ることができます。
by sarutobietthan | 2014-03-06 22:41 | おでかけ | Comments(0)

あるものだけで、ちらし寿司。

昨日は、桃の節句でしたね。
実は私、再び腰痛が酷くなりまして
土日は、全然動くことができずにパジャマで過ごしました。。

今年は、365日しかないのに2日も無駄にしてしまいました。
何もしないで過ごす休日なんて、考えられません。
旦那はその反対で、何かをする休日は考えられませんが。

b0116313_21534014.jpg

安かった苺に、砂糖を掛けてほっておけないので
ジャムを、ガス代にへばりついて煮ました。
でも、旦那に結構食べられてしまった。。

b0116313_215574.jpg

ちょうど、発売したばかりのはるみさんの本。
隅から隅まで読めました。

日曜日は、お料理教室の予定でしたが延期してもらいました。
つまらない。。
b0116313_2156589.jpg

そしたら、ナナが2回も続けてそそうしてしまいました。
いつもの週末は、私とどこかにお出かけできるのにね。
雨で、私が抱っこして外に連れて行けないのが、解っていたのか?
b0116313_21593148.jpg

旦那に、超怒られていましたが、
私が怒りたいのは、お前だ!
こんなになっているのに、何一つ自分でしません。
あえて言うなら、自分のお茶を入れたくらい。
私は、不死身じゃないっつーの!
b0116313_2221748.jpg

ナナが人間だったら、沢山お手伝いしてくれたよね?
2階に上がるときに、抱っこがきつくて、ナナに階段を上がる
練習をさせましたが、つるつる滑るので危ない。

b0116313_2243858.jpg

昨日は、買い物も寄れないので冷蔵庫にあるものだけで
ちらし寿司を作りました。
寿司めしを作り、シーチキン、きゅうり、稲荷ずしの油揚げ、
かにかま、桜でんぷ、冷凍枝豆、錦糸卵。
b0116313_2211547.jpg

こちらは、ばあに作ったもの。
カップにご飯を入れて、お皿に空けトッピング。
せめて、食べる楽しみがないとね。
b0116313_22134622.jpg


b0116313_22131312.jpg

こちらは、旦那用。

週末、色々作ろうと卵を沢山買っておいたのです。
b0116313_2215029.jpg

卵4個で作る出汁巻き卵。
もう、20年前のレシピですが、娘が美味しいと
食べてくれました。

やっぱり、普通に動けることは有難いことです。
by sarutobietthan | 2014-03-04 22:16 | 料理 | Comments(6)

ラナンキュラス。

金曜日までは、暖かな春らしい陽気でした。
b0116313_20261283.jpg
b0116313_20263436.jpg
b0116313_20265867.jpg
b0116313_20271559.jpg
b0116313_20272993.jpg

家の花も、増えてゆきます。
b0116313_20283224.jpg

この、コデマリを買った花屋さんで貰った
b0116313_20285134.jpg

竜雲柳、とっても嬉しい!

今年初、ie cafeさんに行ってきました。
b0116313_20312480.jpg

テーブルのラナンキュラスが、乙女で素敵!
見入ってしまいました。
b0116313_20324029.jpg

私が、花だったらラナンキュラスにはなれなかったろうな。。
きっと、菜の花位かな?
食べられるからね。
b0116313_20334744.jpg
b0116313_203476.jpg

美味しいものを、頂いて。
オーナーさんと、話していると、私のブログを見てくださってるという美人ママさん。
サマースノーのkさんのお友達だそうです。
ああ、こんな事ならせめて寝ぐせは直して来ればよかった。。

乙女トークで盛り上がり。
沢山、おしゃべりして、すっきりして帰ります。

あの素敵なラナンキュラスが、忘れられなくて
ラ・スールさんに寄ってみました。
b0116313_20374519.jpg

居ました!
素敵な乙女。
b0116313_20381830.jpg

見たこと無い花です。
b0116313_20384915.jpg

この子も、素敵。
でも、もうラナンキュラスは売り切れでした。。。

b0116313_20394029.jpg
b0116313_20395634.jpg

クリスマスローズも素敵でした。
b0116313_20405214.jpg


私が、すっかり気に入って連れ帰ったのはこの子たち。
b0116313_20414415.jpg
b0116313_20415738.jpg

ベラルゴニフォーラム。
耐寒性があり、多年草です。
可愛くって、たくましい!
by sarutobietthan | 2014-03-02 20:44 | おでかけ | Comments(4)