カテゴリ:料理教室( 54 )

11月の料理教室。

b0116313_23103852.jpeg
今月の料理教室のメニューは
牛肉とキャベツのトマト煮。
薄切り牛肉と、キャベツ、玉ねぎをトマト缶で煮込みます。
白ワイン、焼肉のたれ、ウスターソースが
隠し味になり短い時間煮ても、ことこと煮込んだ味になります。
ここに、タバスコをかけてもチーズを載せても美味しい。
パスタやバケット、茹でたジャガイモにかけて食べても美味しい!
パセリを載せて、色も味も引き立ちます。
フライパンを持参して貰い、お持ち帰りしてもらいました。
にんにくもいい仕事してます。
b0116313_23151104.jpeg
白菜と柿と生ハムのコールスロー。
旬の柿と白菜消費に美味しいコールスロー。
白菜のシャキシャキ感がサッパリ。
b0116313_23163061.jpeg
バケットでスリムピザ。
バケットを縦に切りピザにします。
縦に切ると食べ易いのと、皮の部分が付いてるので食感がいいです。
ピザソースは手作り。
ケチャップ、玉ねぎのみじん切り、ケッパー
オリーブオイル、酢、おろしニンニク、
ハーブミックスと使うので本格的。
自宅に持ち帰り焼いて貰うようにお持ち帰りしてもらいました。
b0116313_23192550.jpeg
写真が撮れなくて良く分かりません。
チョコクリームのスコップケーキ。
スポンジにコーヒーシロップを染み込ませ
ブラックチョコレートと生クリームを混ぜ
挟んでいきます。
中にはバナナのスライスも挟みます。
最後にピュアココアを振りかけます。
チョコバナナ風ティラミスみたいな味です。
ラッピングして持ち帰ります。
大人数で短時間に品数を作りました。
バタバタしても最後はちゃんと出来上がり
流石のチームワークです。
来月はお節です。

by sarutobietthan | 2018-11-23 23:09 | 料理教室 | Comments(0)

出張キンパ教室。

週末は姉と姪っ子の希望で、出張キンパ教室。
前もって、巻く食材は用意してもらいました。
海苔の置き方、ご飯の広げ方。
b0116313_22293323.jpeg
ご飯が均等に綺麗に手早く伸ばせた
姪っ子。才能ある。
細かい具はなるべく下側に、
並べる具は隣、上になるものと反対色に。
より鮮やかに見えるようにね。
姪っ子の一本目です。
思った以上に上手に出来て嬉しそう。
b0116313_22321260.jpeg
姉も挑戦。
b0116313_22324296.jpeg

b0116313_22330628.jpeg

2人とも見栄えの良さに満足。
味のバランスも良く美味しくできました。
姪っ子はキンパをお弁当に持って行きたいの
だそうです。
b0116313_22343931.jpeg
その後、那須の南ヶ丘牧場のミルクパンで
フレンチトーストを作りランチ。
b0116313_22354397.jpeg
盛りだくさんのランチになりました。
次回は娘も仲間に入れてやりましょ。

by sarutobietthan | 2018-11-21 22:26 | 料理教室 | Comments(0)

10月のお料理教室。キンパ。

b0116313_21181261.jpeg
今月のお料理教室は、どうしてもキンパを
作りたかったので練習しました。
b0116313_21190542.jpeg
ごま油と塩で味付けしたご飯を敷き詰めます。
向こう3センチは残します。
b0116313_21200436.jpeg
具材を載せていきます。
今回はらサンチュ、ほうれん草のナムル、
人参のナムル、きんぴら、たくあん、
卵焼き、焼肉などを巻きます。
b0116313_21220714.jpeg
b0116313_21222893.jpeg
巻き終わったら、暫く休ませて切ります。
b0116313_21235867.jpeg
味見も楽しい。
ごま油がご飯に入っているので
包丁にご飯が付かず切り易いのです。
b0116313_21281176.jpeg
サラダはサツマイモと蓮根のデリ風サラダ。
サツマイモ、蓮根を1センチ幅に切り
片栗粉をまぶして、こんがり焼きます。
この時、蓮根を焼いて塩を振りつまみ食いした
担当者がこれだけでも物凄く美味しい!と
証言していました。
こちらを、醤油、砂糖、酢を煮立てた所に
混ぜ込みます。
ゴマを振り出来上がり。
b0116313_21311550.jpeg
彩りにパプリカを混ぜました。
鶏肉などを入れるとボリュームアップ。
デザートは、サツマイモモンブラン。
b0116313_21330794.jpeg
器にカステラを入れ、生クリームを載せます。

b0116313_21334958.jpeg
サツマイモを茹で、バター、砂糖、生クリームと混ぜてクリーム状にします。
ジップロックに入れて角をハサミで切り
絞り出します。
甘栗は、蜂蜜とラム酒に漬けました。
b0116313_21354705.jpeg

b0116313_21363071.jpeg
我が家のワンコを再現。
b0116313_21371354.jpeg
さきいかのキムチを作って来てくれた友達。
これが、辛くて甘くて美味しい。
後を引くのでいくらでも食べてしまいます。
今度作ってみよう。
夕方4時から始まり6時過ぎには
ちゃんと夕飯のおかずを作って帰宅。
チームワークの良さが光ります。
キンパは大好評だったので、いろんな機会があったら作ってね。


by sarutobietthan | 2018-10-28 21:17 | 料理教室 | Comments(0)

お盆の打ち上げ。@カーンの台所

お盆が終わり、料理教室のメンバーで
打ち上げのディナー。
新盆だった人や、泊まりのお客さんが
来た人やそれぞれにお盆は大変。
皆で慰労です。
b0116313_21591095.jpeg
メンバーが揃うまで、デッキで夕焼けを眺めます。
ゆっくり、空を眺めるなんで久しぶり。
いつまで見てても飽きません。
b0116313_22002652.jpeg
こちらがメニューです。
前菜のカプレーゼ。
チーズと黄色のトマトが甘くて美味しい。
b0116313_22012400.jpeg

完熟無花果生ハムのせ。
b0116313_22022773.jpeg

b0116313_22024608.jpeg
無花果、美味しい!
b0116313_22030896.jpeg
鯵のエスカベッシュ。
揚げた鯵の南蛮漬けみたいな感じです。
さっぱりしていいてますね。
b0116313_22032803.jpeg
サーモンのカルパッチョ。
b0116313_22034313.jpeg
クワトロフロマージュ。
4種類のチーズのピザ。
蜂蜜をかけて食べます。

b0116313_22040029.jpeg
こちらが今回一番のびっくりメニュー。
スイカとシラスとめかぶの冷製スパゲッティ。
シラスとめかぶはリンゴ酢で薄い酢の物みたいな感じで、スイカの甘さと歯ごたえが引き立っています。
細い麺もどんどん進みます。
皆、黙々と無言で食べています。
夏のパスタ。
こんなに美味しいなんて、凄い組み合わせ。
b0116313_22042130.jpeg
豚バラとなすのミルフィーユ。
豚バラのしっかりした歯ごたえと
なすの柔らかさ。
マッシュポテトがとても、クリーミー。

b0116313_22043709.jpeg
ちぎりパンも可愛い形。
b0116313_22052661.jpeg
デザートは桃をお願いしておきました。
桃のムース。
クリームの下はココア生地とクリームが
交互に出てきて美味しい。
桃と合ってます。
皆で、大満足。
お疲れも出て、眠くなったり、おしゃべりしたり、夜景を眺めたり。
それぞれ好きなことしてます。
これがあるから、がんばれるお盆の打ち上げ。
また、新年会まで頑張りましょう



by sarutobietthan | 2018-08-23 21:56 | 料理教室 | Comments(2)

7月のお料理教室。手羽元の甘酢煮他。

b0116313_22170764.jpeg
7月のお料理教室は、手羽元の甘酢煮、
とうもろこしのかき揚げ、悪魔のおにぎり、
かぼちゃぷりん、ブルーベリーレアチーズケーキでした。
台風が直撃する日の予定だったので1日延期しました。
すると、凄い暑さ。
皆さん、タオルを肩に汗びっしょり。
夕方4時開始で、作った料理を持ち帰り夕食にしてもらいます。
まずは、手羽元の甘酢煮から。
b0116313_22210533.jpeg
手羽元を生姜、にんにくで
酢、酒、醤油、みりん、さとう、水で
落し蓋をして15分煮ます。
照りが出たら出来上がり。
こちらに黒胡椒などかけると、もっと美味しい。
b0116313_22233102.jpeg
そして、とうもろこしのかき揚げ。
本当は三つ葉と揚げるのですが、
いんげんの方が美味しいと思っていたのですが、いんげんが売ってませんでした。
枝豆でもいいね。
b0116313_22271554.jpeg
頑張ってとうもろこしを削いでます。
かなりの量。
b0116313_22280101.jpeg
最初にとうもろこしと小麦粉をボウルに
入れまぶします。
それから、水、卵を入れます。
こうするとバラバラになりません。
b0116313_22295185.jpeg
暑い上に、煮物、揚げ物で汗だく。
b0116313_22303448.jpeg
そして、皆のリクエストの悪魔のおにぎり。
美味しすぎて食べ出したら止まらない
怖いおにぎりです。
私は天かすに麺つゆをかけて、青のりで作りました。
b0116313_22415226.jpeg
その後、天かす、青じそ、胡麻、七味で
ごま油少しで作ったら、物凄く美味しい。
b0116313_22422941.jpeg
組み合わせはお好みでいいと、思います。
海苔は韓国海苔がおススメ。

が、しかしこの日私のお気に入りのふりかけを
買って来た人がいて
b0116313_22343822.jpeg
これを炊きたてご飯に載せて、皆で試食。
あら、止まらない!
それを韓国海苔に載せて食べたら、もう
天国!
悪魔のおにぎりに勝ちそう。
笠間のみどりの風に売ってます。
こちらのシークワーサージュースも
おススメです。
ふりかけやおにぎりで、こんなに食欲が湧くなら夏も乗り切れそうです。

b0116313_22371299.jpeg
こちらがデザートのブルーベリーレアチーズケーキ。
クリームチーズとヨーグルトでさっぱり
美味しいです。
かぼちゃぷりんは自宅で作ってきたので
写真は撮り忘れ。
b0116313_22391866.jpeg
前回、パウンドケーキ型で作ったものです。
今回はクラフト紙で出来た紙コップで
フライパンにお湯を張り蓋をして蒸して
作りました。
オーブンで湯煎焼きでも出来ます。

暑い中、私の準備が悪く色々大変でしたが
流石慣れてるので、時短の知恵を発揮して
2時間でこれだけ作ることができました。
もう、段取りの悪さには慣れて貰ってるようです。

今回も会費を、にゃんだーがーどの支援に
振り込みさせて貰いました。
ラテを保護して、子猫を育てることの大変さ
命を預かる事の責任をひしひしと感じました。
それをボランティアをしてくれてる
方々がいることへの感謝。
ほんの小さな命ですが
救われたらどんなに可愛いく
重い命なのか。
命の重さは皆、同じだと思います。
いつも、ご協力有難うございます。


by sarutobietthan | 2018-08-03 22:15 | 料理教室 | Comments(2)

6月の料理教室。蒸しゃぶ他。

先週はお料理教室でした。
猛暑の午後、皆覚悟して集まります。
b0116313_23531207.jpeg
午前中、材料の準備をしながら
自家製クリームソーダをゴクゴク。
かき氷のシロップと炭酸で作ります。
b0116313_15194880.jpeg
この日のメニューは、旬の野菜で
やみつきピーマン。
ピーマンを千切りにして胡麻油で炒め
火が通ったら塩昆布で和えるだけ。
ですが、物凄く美味しい!
味見して絶賛です。
この味見が、毎回楽しい。
b0116313_00020513.jpeg
こちらは、とうもろこしの炊き込みご飯。
レンジでチンしたとうもろこしを、芯と豆に
切り離しジャーに研いだお米を入れ
その上に芯と豆を乗せ、塩を振り炊飯。
炊けたら芯を取り出し、良く混ぜバターと
お酒を振り混ぜて、蓋をして五分蒸らします。
これも好評でした。
とうもろこしが沢山食べられます!
b0116313_00025739.jpeg
こちらはきゅうりの佃煮。
毎年、作っています。
今回は、紅生姜を入れても美味しいと聞いたので帰ってから入れてみました。
きゅうり1キロを薄切りにして、塩で揉み
水分を良く切ります。
醤油、砂糖、酢を沸騰させ
そこにきゅうりを入れ、生姜のみじん切り
みりんを入れ汁気がなくなるまで煮ます。
白いご飯に良く合います。
b0116313_15315714.jpeg
そして今回はデザート祭り。
b0116313_15253724.jpeg
杏仁とベリーのゼリー。
b0116313_15270847.jpeg
色が可愛い❤️
b0116313_15273111.jpeg
b0116313_15273111.jpeg
マンゴーのフルーチェムース。
b0116313_15291759.jpeg
メロンのフルーチェムース。
b0116313_15303771.jpeg
メロンは飾り付けが2種類。
b0116313_15312951.jpeg
綺麗に飾り付けしてもらいました。

デザートのお持ち帰りが沢山あると
喜ばれます。
b0116313_00123373.jpeg
そして今回は、差し入れも沢山。
胡麻たっぷりの大学芋と、麩まんじゅう
手作りの玉ねぎのマフィン。
差し入れでお腹いっぱいに。
メインの豚しゃぶは、材料を持ち帰り
自宅で作ることにしました。
蒸しゃぶ。
ホットプレートやフライパンに
もやしとエノキを敷き、上にしゃぶしゃぶ用の豚肉と紫蘇を交互に乗せて酒を掛け
蓋をして強火で蒸します。
大根おろしや、ポン酢、梅肉で食べても
美味しい。
b0116313_00170187.png
作った方の画像をお借りしました。
お肉が柔らかく簡単でさっぱり。
是非、作りたいメニューです。
毎日、暑い日が続き体力をつけるために
旬の美味しい野菜で乗り切りましょう。



by sarutobietthan | 2018-07-03 23:51 | 料理教室 | Comments(2)

5月の料理教室。豚しゃぶサラダ他。

b0116313_23220809.jpeg
日曜日は、お料理教室でした。
最近は午後から始まり、夕方には
終わるパターンです。
作ったものをそのまま持ち帰り、夕食に
しています。
家族も楽しみにしてくれてるようです。
今月は、豚しゃぶサラダ、十六茶の炊き込みご飯ご飯、珈琲牛乳寒天、レモンクリームカップケーキでした。
b0116313_23250755.jpeg
まず、カップケーキから始めます。
合計何個焼けるか?で持ち帰りの数が
変わります。がんばれ!
新しいオーブンを買って使ってない方が
オーブンを持ってきてくれました。
まだ、使い方が分からないので
誰かに教わろうという魂胆らしいです。
しっかり者のK子ちゃんが、教えてくれました。
カップケーキの生地をカップに流すのが
大変なんで、アイスクリームディッシャーで
すくうと簡単だよと自宅に取りに行ってきました。
アイスディッシャーは、ポテトサラダを
盛ったり使えます。
100円ですからね。
b0116313_23294313.jpeg
さすが主婦たち使えるものは何でも使います。
ざるに載せて冷ましています。
レモン汁を入れて焼くので爽やかです。
泡だても難しい作業もなく簡単です。
b0116313_23304766.jpeg
冷めたらレモン果汁と混ぜたクリームチーズを
載せてアメリカンチェリーで飾ります。
可愛い❤️
背景が昭和な公民館です。
b0116313_23322982.jpeg
こちらが珈琲牛乳寒天。
簡単なので室温で早く固まるので
大人数で作るにはもってこいです。
b0116313_23353522.jpeg
牛乳寒天にはコンデンスミルクが入ってます。
中の寒天は珈琲とカフェオレ味。
甘さ控えめ、大人のデザート。
b0116313_23365703.jpeg
この日は包丁の達人が、マイ包丁持参で
参加してたのでどんどん切ります。
b0116313_23374826.jpeg
炊き込みご飯に入れる千切り生姜なんて
こんなもんだい!
b0116313_23475437.jpeg
十六茶の炊き込みご飯は、炊飯器を持ってきた人は炊き込んで帰ります。
帰ってから炊いたり。
十六茶が水の代わりに、醤油と塩で味付け。
油揚げ、人参、しめじ、生姜、ひじきの具。
ひじきは戻さず炊きこみます。
家で好評だったそうです。
b0116313_23421375.jpeg
そして、こちらが豚しゃぶサラダの野菜。
お肉はパックで持ち帰ります。
お肉にマヨネーズ、酒、胡椒を塗り茹でます。
硬くならず時間が経っても柔らか。
たれも、にんにく、生姜のみじん切りと
醤油、砂糖、酢、ごま油で食欲もりもり。
b0116313_23453380.jpeg
炊き込みご飯ご飯完成の図。
楽しく家族で夕食をゆっくり食べて
貰えて良かったです。

私が、忘れ物に気がついて途中で
あー!
と大声を出すと作業中の人の手が止まります。
何か間違えたのだと思うそうです。
忘れ物は付き物なので毎回、お騒がせしてます。

by sarutobietthan | 2018-05-29 23:20 | 料理教室 | Comments(4)

4月のお料理教室。薔薇巻き寿司。

b0116313_12384562.jpeg
昨日は、お料理教室の日。
今回は、リクエストの薔薇巻き寿司です。
得意ではない分野ですが、巻き寿司を習ってる方とやりとりしながら夜に練習。
動画を見たり。
b0116313_12412186.jpeg
色んなコツを掴みました。
b0116313_12415522.jpeg
巻き寿司の醍醐味は、切った瞬間。
わー!と歓声があがります。
b0116313_12423741.jpeg
綺麗に出来て、皆満面の笑みです。
これは、母の日に作りましょう。
b0116313_12432807.jpeg
デザートは、玉子の殻で作るうふプリンと
ゼリエースで作るチーズケーキ。
うふプリンも玉子を割る以外は、簡単で早い。
b0116313_13252397.jpeg
新しい急須の使い方。
b0116313_13260055.jpeg
玉子が沸騰して動いてしまう時の対策。
ゼリエースで作るチーズケーキは、前回の教室で残ってしまい何かいいものは?と試作。
ゼラチンを使わずにクリームチーズと生クリーム、牛乳を混ぜるだけで出来ます。
b0116313_12465767.jpeg
食べても上品なお店並みの味。
試す価値ありですよ。
一口食べてびっくり‼️です。
昼間の教室だったので、全てお持ち帰り。
あと一品、春巻を作りました。
もやしと春雨、豚ひき肉の春巻。
具を味見しましたが、そのまま食べても
美味しい。
生姜が効いてます。
b0116313_12495974.jpeg
1人10個もちかえるので、100個分作りました。
給食並みです。
揚げずに具と皮を持ち帰り、各自で自宅で
揚げてもらいます。
昼間の教室だとゆっくり出来て、夕飯の
心配も無いので喜ばれています。
b0116313_12524169.jpeg
でも、夏になると暑くてどうだろう?
思った以上に、薔薇巻き寿司がよく出来て
一安心です。

by sarutobietthan | 2018-04-15 12:37 | 料理教室 | Comments(2)

3月の料理教室は、お花見弁当。

週末は、お料理教室でした。
b0116313_21131094.jpeg
寒かったのと皆の希望もあり、休日の午後から
の教室です。
沢山作って、お持ち帰りします。
桜餅のリクエストがあったので、作りました。
b0116313_21145508.jpeg
手軽に作れるレシピです。
ホットプレートかテフロンのフライパンで
作れます。
生地は、薄力粉と白玉粉を水で溶いて食紅で
ほんのりピンクにすると可愛いです。
b0116313_21170397.jpeg
こんなに作りました。
色んなバージョンで。
やはり、桜の香りがほんのりするといいね。
120個は、あります。
b0116313_21182187.jpeg
桜の塩漬けは、去年私が作ったもので
葉っぱの塩漬けは買ってきてもらいました。
今年は葉っぱも、漬けてみたい。

こちは、益子の新鮮なイチゴでムース。
ハートにカットしました。
b0116313_21201933.jpeg
フルーチェに生クリームを混ぜムースにしました。簡単で失敗なし。
b0116313_21214818.jpeg
最後は綺麗におめかし。
これもさっばり、ふわふわで美味しい!
作りながら、皆でアイデアを出し合うと
より良いものが、出来上がります。
b0116313_21231429.jpeg
おやつや、お土産の差し入れもあり
それが楽しみ。
b0116313_21243123.jpeg
甘辛いおいなりさんに、漬物を色よく載せて
三つ葉で縛り、桜の花を飾ります。
春らしいね。
b0116313_21254258.jpeg
一本で色んな味が楽しめる虹色の海苔巻き。
試行錯誤しながら巻きました。
b0116313_21264584.jpeg
お寿司の出来上がり。
こちらを、お喋りしながら楽しく作ると
あっという間に沢山出来上がります。
こちらを持ち帰ると、家族も喜んでくれます。
b0116313_21283576.jpeg
しばらくは、持ち帰りメニューを楽しんで行こうと思います。
何でも、長く続けるコツは楽しいことだよね。
料理教室参加のみなさんへ。
今回の会費から、にゃんだーガードへ2万円送金しました。
残りは、猫の砂がふそくしているそうなので
週末に送ります。
よろしくお願いします。


by sarutobietthan | 2018-03-19 21:11 | 料理教室 | Comments(8)

2月の料理教室は、ひな祭りメニュー。

b0116313_22421375.jpg
今日は料理教室でした。
寒い日が続いてるので、昼間の教室です。
皆で、ひな祭りのメニューに飾り寿司を作ります。
この様なマニュアルに従って作るのは、苦手な私たち。
もしかしたら、知恵熱が出てしまうかも知れない人は
冷えピタ持参をお願いしました。
どのように組み合わせていけば、形になるのか見当が付きません。
b0116313_22425461.jpg
色々組み合わせて丸めて切ります。
b0116313_22413356.jpg
切ると一度に、お内裏様もお雛様もどちらも出来ます。
b0116313_22414075.jpg
そこに、蒲鉾の飾りを。
b0116313_22414762.jpg
きゅうりで、頭に載せる飾りを付けて
目を付けました。
胡麻でごまかそうとしましたが、駄目でした。
b0116313_22420772.jpg
b0116313_22415442.jpg
個性的なお雛様も出来ました。
形になるのかと思いましたが、全員出来上がりました。
達成感はあります。
b0116313_22422204.jpg
その後、苺大福作り。
沢山作って持ち帰ります。
b0116313_22423719.jpg
薔薇おにぎりも、何とかそれらしく。。
お味も良かったようです。
早めに解散したので、それぞれ息子宅や実家に持って行き
喜ばれたようです。
こんな可愛らしいお雛様が作れたら、あちこち配達したくなりますよね。
また、来月も何を作るか楽しみです。
b0116313_22422873.jpg
差し入れも沢山あり、おやつも一杯。
色んな楽しみが、ありました。

by sarutobietthan | 2018-02-18 23:02 | 料理教室 | Comments(6)