2018年 09月 19日 ( 1 )

母との別れ。

b0116313_23220810.jpeg
爽やかな秋晴れの今日は、母の告別式でした。
暑くも寒くもなく風の気持ちいい日。
金木犀の香りが漂う中、納骨を済ませました。
b0116313_23240184.jpeg
夕日も大きく綺麗な夕焼け。
夜も月が綺麗でした。
全て、母からのメッセージかも知れません。
b0116313_23252789.jpeg
亡くなる日の朝、我が家の庭にずっと
蝶がいました。
花が大好きだったから蝶になったのかも
知れません。
今年の5月に沢山のメンバーで鹿沼に
バーベキューに行った時の写真が遺影に
なりました。
この時は元気に楽しく過ごしていました。
6月に訪問診療をお願いする時に余命を
尋ねると1.2ヶ月と言われ、間違いであって
欲しいと願いました。
それからは、何でも良いと言うものは試しました。
アロマは香りが良く、甥っ子が毎朝つけてくれました。
納棺の前にも、甥っ子がつけてました。
少しでも食べられるもの、飲めるものと
必死で探しました。
最期の頃はコーラが美味しかったようで
ストローでごくごく飲むと
美味しい!と言ってました。
b0116313_23330568.jpeg
ナナやラテも母を励ますように
側にいました。
お相撲が好きだったので、時間が来るとテレビをつけ母の好きな高安や稀勢の里を
皆んなで応援してから帰ります。
毎日毎日、私達姉妹と孫達でベットを囲んで
過ごして来ました。
b0116313_23371131.jpeg
一緒に寝てるのがかりんちゃん。
娘が足を揉んだり、甥っ子が見守ったり。
病気は辛かったけど、1人になることは
なかったから幸せだったね。
私の誕生日、呼吸も安定しているので
弟夫婦にお願いして海のふたに
行く事が出来ました。
夕方、お相撲のテレビをつけようとした時
母の呼吸は止まりました。
もっと、沢山過ごしたかったけど
これ以上頑張ってとは言えませんでした。
充分頑張っていたから。
b0116313_23413711.jpeg
告別式も納骨も終わり自宅に戻り
道端の彼岸花を見て、去年彼岸花を見に
ドライブに行ったけど花が終わりに近く
今年は沢山咲いてるのを見ようと約束して
いたのを思い出しました。
これからも、何を見ても食べても
思い出す事ばかりだと思います。

父が居るので心配は尽きません。
そんな時、娘が
b0116313_23460298.jpeg
2ヶ月のワンコを飼ってきました。
今日はこの子で皆の気持ちが
少し紛れたかな。
やはり、母親というのは特別な存在でした。

by sarutobietthan | 2018-09-19 23:21 | 出来事 | Comments(8)