2008年 09月 11日 ( 1 )

読書の秋とちょこっとデコ弁

本当に秋らしくなりました。
秋、といえば読書の秋。
食欲の秋だと思った方、残念でした!
ついに、私の師匠のstillさんの本が発売されました。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_21483543.jpg

これ一冊で、あなたもお料理上手、奥さん!
ぞくぞくアマゾンから本が届きます。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_21495768.jpg

はるみ先生の本で見たアップルパイを作ってみました。
かなりの美味しさ!
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_21511563.jpg

六つ切りりんごを、バター、砂糖、シナモン、レモン汁で煮ます。
冷凍パイシートに挟んで焼くだけ。
パイ生地がサクサク、バニラアイスがしっとり!
いけますよ、奥さん。
そして、待っていた「名犬チロリ」
どうしても、小学生の時から飼っていた雑種のチロとかぶってしまいます。
やはり、メスで賢く強い犬でした。
私はいつもチロを連れていました。
まるで、今とおんなじで小学生から全然進歩していません。
そんな大好きな犬だったのに、亡くなった時のことが全然思い出せません。
いくら思い返しても記憶がないのです。
チロリは子犬5匹とともに廃墟に捨てられていました。
その上、虐待もされていたようです。
そんなチロリが保健所から取り戻され、障害のある足でセラピードックとして活動します。
最後はガンに侵されながらも、活動を休もうとはしませんでした。
もう、涙涙です。
かわいそうではなく、あんな小さな犬なのに1日1日を全力で生き、自分の道を切り開く
健気さに涙が止まりません。
必死に生きているんです。
自分が恥ずかしくなってしまいます。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_224578.jpg

笑顔がとっても、かわいい。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_2253816.jpg

チロリによって、話すこと、歩くことを諦めていた人が話し、歩けるようになります。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_227531.jpg

チロリの肉球、かなり歩いて擦り切れています。
著者は年間30万頭にのぼる処分される犬の救助活動として、
引き取りセラピードックとして訓練しています。
この本の収益より、その費用として使われるそうです。
やっぱり、犬のことになると小学生の自分に戻ってしまいます。。

今の自分に戻って、、久しぶりにデコ弁を作りました。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_22135067.jpg

読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_22143166.jpg

娘用です。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_2215353.jpg

生協で買った葉っぱのピック。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_2216577.jpg

これは私用。

azumiさんのところで見て栗きんとん作ってみました。
和三盆で煮たらもっと美味しいだろうな。。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_22175582.jpg


最後にお茶目なナナ。
読書の秋とちょこっとデコ弁_b0116313_22183163.jpg

鼻の頭にご飯粒が。。。
by sarutobietthan | 2008-09-11 22:32 | お弁当 | Comments(10)