83歳の誕生日。

今日は、ばあの誕生日でした。
一応、おとめ座。
b0116313_2237436.jpg

私は、1日組内のお手伝いに行っていたので
大したものは作れませんが。。
ばあの大好きなお赤飯。
冷凍の栗があったので、入れてみました。
去年のブログを見たら、同じ栗のお赤飯に同じお皿だった。。
使いまわしでは無いのですが。。
b0116313_22394252.jpg

ケーキは、シフォンケーキを焼きましたが
出来たころには、ばあは寝てしまったので明日
デコレーションします。

今回、いただいた初めてのレシピで作りました。
材料は、ほぼ今までと変わらないのですが作り方が
全然違うので戸惑ってしまいました。
食べてみないと、違いは分からないですが。。
今までは、オイルと水は必ず別々に入れます。
今回は、オイルと水を混ぜるんです。

メレンゲと粉を交互に混ぜたり。。
びっくりでした。

作り方と言えば、今日のお手伝いで賄だったのですが
お昼のメニューは、スパムおにぎり。
私も、もどきしか作ったことが無く、他全員作り方が
分からない。食べたこともない。。

若い方が早速、携帯で検索。
スパムの缶にホイルを敷き込みご飯を詰めるやり方でしたが
何十個も作るので、それは無理。
お盆にご飯を厚く敷き込み、上から押して
缶で抜いていくことにしました。
b0116313_22482696.jpg

試食したら、美味しい!
これは、運動会にもいいんじゃない?
お客さまにも好評でした。

こんな時に、必ずお料理上手の先輩がいます。
今日は、何人もいらしたのでとっても為になりました。
頂いた大根の漬物が、とても美味しく作り方を教わりました。

醤油・・・1ℓ、砂糖・・・1キロ、酢・・・500㏄
こちらに大根を4、5本半分に切って漬けておきます。
たまり醤油みたいな味です。
とりあえず、半量で作ってみよう。

あと、梅の甘露煮みたいに美味しいもの。
完熟の梅をラッキョウ酢に、漬けただけなそうですが
とても柔らかく美味しい。
漬けた酢が美味しく勿体ないので、ソーダで割ったら美味しいかも?
と、やってみたら美味しい。
来年の6月まで覚えていられるかな?

あと、お餅を油を敷いたフライパンで焼き
さっとお醤油をくぐらせ、海苔で巻いてラップに包んで
おくと固くならないんです。
びっくりです。

お寿司を握れる方もおり、
b0116313_22551883.jpg

秋刀魚好きのナナパパに、頂いてきました。
(注・ナナパパとは旦那のことです)

ばあも無事、誕生日を迎え
私もお手伝いで、1日美味しいものを作ったり食べたり
愉しい1日でした。
by sarutobietthan | 2014-09-02 22:57 | 出来事 | Comments(6)
Commented by midori1872 at 2014-09-03 15:55
お赤飯とは炊飯器で炊く・・・・??
お米も小豆の汁に漬けこまなくて炊くそうですね。
時短だけど小豆だけは戻しておかなければ、、、、
って考えてると時間が余裕がなければ私は出来ません。。。。(^^ゞ
それを忙しいと言いながら作っちゃうんですよねぇ~ナナママさんは♪
その上にシフォンケーキまで!
最近の私、、、あぁたいぎぃ、、、、、あぁたいぎぃ、、、ばかりで!
Commented by sarutobietthan at 2014-09-03 23:54
midoriさん
もちろん、お赤飯の素で作ったので
炊飯器でしたよ。
だから、余裕が無くても大丈夫でした。
ある意味、シフォンケーキは特別な材料はいらないので
すぐにできるんです。
特別な日じゃないと、明日でもいっかってなります。。
Commented by keikomama105 at 2014-09-04 17:27
お料理上手の母さんは 家族がとても幸せですね
こんなことを言うと あの世から叱られますが 私の母も主人の母も
料理はまったくダメダメ人間でした だからといって主人は 私には
美味しいものを作れと言います・・・これってどうよ?
テレビでお料理番組を見てると あれも作りたい これも作りたい(笑)
ナナママさんやミドリさんは お料理上手ですよね♪見習いま~す
といっても ケーキだけは作る気持ちにはなれません 食べる人(笑)
Commented by chacha-happydiary at 2014-09-04 21:50
お義母さんお誕生日おめでとうございます❤
やっぱりおめでたい時はお赤飯が良いよね
それだけで、幸せな気持ちになれるもん
ナナママさんは、お義母さん大切にしているから
ナナママさんも、きっとみんなに大切にされるおばあちゃんになるよ❤

梅の甘露煮みたいなの、それ聴いただけでおいしそう(*^^*)
来年覚えていたら作ろうね❤
物忘れがひどいから、来年まで覚えていられるかな?
Commented by sarutobietthan at 2014-09-04 22:32
keikomamaさん
お料理上手ではなく、お料理好きなだけですよん!
友達は、やっぱり義母さんがお料理へたなので
何を作っても文句も言われなくて楽だそうです。
ま、お料理は愛情がこもっているのが1番美味しい。
ケーキも、1度成功すると楽しくなりますよ。
Commented by sarutobietthan at 2014-09-04 22:35
茶々さん
歳よりは、お赤飯大好きだものね。
じいがいるときは、よく買ってきていました。
お餅も、好きだよね。
私は、大切にされないで呆れらるくらい元気な
おばあちゃんになりたいな。
梅のラッキョウ酢に漬けたの、本当にとろりんとして
甘酸っぱくて美味しかった。
ブログに書いておけば忘れないかな?と思ったんだけど
どうかな?
梅の頃、教えてね!
<< ニュートラルカフェ。 牛肉と牛蒡の甘辛混ぜご飯。 >>