自虐的連休。

自虐的連休。
韓国ドラマの題では、ありません。
今年の私の連休。
1日目は天国のような素敵な日でした。

帰ってから、思わず植木の伐採、草取り始めてしまいました。
翌日も家の周りの片付け。
和室の押入れの片付け。
押入れに物を入れる為には、押入れを片付け。
どこかに入れるには、どこかを整理。
まるで、パズルのようです。

はっきり言って、整理整頓は大嫌い。
片付けるつまりが、余計に散らかるタイプです。
なのに。。

私と娘で12畳の部屋に寝ています。
そこには、山のような娘の服。
そして、ユニットのベット&机が大きく場所を取っています。
それが無くなれば、広々するはずだったんです。

ずっと、旦那にユニットのベットをばらしてくれるように頼んでいたのですが。。
思わず、自分一人でばらす事にしました。
六角レンチを買ってきて、ばらしました。
b0116313_2227329.jpg

結構、大きいんです。
他にベットの下になる大きな板もありました。
息子の使っていたものです。
ベットの下の部分には、小学校からのテスト、絵、習字、教科書、ランドセル。
ほこりが手で掴めるとは思いませんでした。
ベットの上には、使わない布団やら旅行かばんから。。。
ばらすだけで、大汗。。

この家具が無くなった場所には、
b0116313_22311114.jpg

娘の服を100本のハンガーに掛けて並べます。
私なんて、1シーズン5枚位の服で着まわしですよ。。
b0116313_22325188.jpg

それも、色、柄、生地ごとに並べて。。
まだ、他にブテックハンガー3本にも服が掛かってるんです。
あいつは、病気じゃないかと思います。
着れるものなら、毎日とっかえひっかえ着てやるんですが。。
試しに着てみたのですが、こんなに疲れ果ててるのに大笑いできるんです。


古い我が家にクローゼットなんて、ある訳ないです。
私が太い物干し竿を持ち込んで、本棚と箪笥を同じ高さにして
作ったんです。
b0116313_22372183.jpg

高さが同じにならないので、引き出し抜いて置きます。
抜いたところにはパンツをたたんで。。

この片付け、永遠に終わらず4日間の連休の2日半掛かってもまだ
終わらない。。
最後の日は、暑くて気持ち悪くなって、泣きたくなりました。
旦那は「終わらない事は始めないんだよ、考えろよ」と言います。

ご飯も食べずにもくもくと。。
まだ、捨てるか残すか微妙なものが山積み。
b0116313_2242080.jpg

途中、やっとメロンを食べて生き返りました。
ごみの袋、どれだけ運んだでしょう。

新婚旅行の、星の砂なんて出てきました。
あのころ、こんな薄情だって知らなかったんだよね。
by sarutobietthan | 2013-05-10 22:43 | リメイク | Comments(6)
Commented by まゆたん at 2013-05-11 09:44 x
アハハ
笑えました~

娘サンの服を着てみたところ
想像しちゃいました(^^;)
娘サン、おしゃれサンなんですね~

私も
整理&片付けが
苦手?キライ?なので
とりかかったナナママサンは凄いです~

私もやらなきゃなー(T_T)


ファミーユにいた方が独立?して始まったカフェ
ご存知ですかー?

私もまだ行ってないんですけどー…
Commented by sarutobietthan at 2013-05-11 23:45
まゆたんさん
娘はお洒落と言うよりは洋服を買う病気だと思います。
値段がついたままの服や、袋から出してない服がたくさん
あるんです。
かわいそうに、きっと病気だ。。
多分、何日も持たないと思います。
同じことの繰り返し。
ファミーュさんにいた人の始まったお菓子屋さんは
知ってますけど、カフェは知りませんでした。
今日は、ファミーュさんでデザートを作っていた
cocotiさんのお菓子のプライベートレッスンに行ってきました。
下館の二葉カフェに焼き菓子を置いてる方なんです。
ファミーュさんからは、色んな方が活躍するでしょうね。
私にとっては茨城のフランスだもの。。
Commented by まゆたん at 2013-05-12 07:45 x
cocotiサンのレッスン
行ってきたんですかー?
スゴイ(゚Д゚)
是非、ブログに様子を載せてください~♪

二葉カフェ、何度か行きました~

暇をみつけては、ナナママサンのブログを読み遡り、癒やしの時間になってます

おじいちゃんが亡くなられた時の、息子サンや娘サンのやさしさ、ナナチャンの行動(涙…)、ご主人が高熱を出されたこと(へたれなんかじゃありません、それだけお父様が偉大な方だったのですよね、きちんとおくりださなければならないと神経使われたのでしょう…)

素敵なご家族だと思いました(思い出させちゃってごめんなさい)


ナナママサンの行動力に元気をもらい、パワーとワクワク感を味わっていま~す
Commented by midori1872 at 2013-05-12 14:58
全部一人でしたんですか??
せめてゴミぐらい運んでもらったら・・・・・・
これだけ洋服有ったら1、2枚なくなっても解らないよね~
私に送ってくれる?でも入らない、、、、、(;一_一)
Commented by sarutobietthan at 2013-05-13 23:51
まゆたんさん
そんなに遡って読んでいただきありがとうございます。
じいは、まだ病院にいるような気持ちでいるので
寂しいと感じる事はそんなにないです。
きっと、家のどこかに居るかも?
娘は私以上にパワフルです。
きっと、こんな私の無茶ぶりに付き合ってくれる
友達がいるので衰えないのかも?
cocotiさん、本当に本当に素敵な方で凄く有意義な時間でした。
これから、更新していきますね。
Commented by sarutobietthan at 2013-05-13 23:53
midori1872さん
多分、10枚無くてもわからないと思います。
旦那はごみ置き場に重い袋を3個は、運んでくれました。
じいが亡くなったとき以来です、ごみ出してくれたのは。。
<< 再び、益子の陶器市 ④。 連れてきた花たち。 >>