陶知庵のお雛様。

真岡を満喫したら、次は益子でお昼です。
先週、ぎっくり腰にならなかったら陶知庵に行く予定でした。

この日は、陶知庵は団体のお客さんが一杯でした。
店内の器を見たり、お雛様を見て過ごします。

大正、昭和、江戸時代のお雛様まで展示してあります。
陶知庵のお雛様。_b0116313_21334341.jpg
陶知庵のお雛様。_b0116313_2134358.jpg
陶知庵のお雛様。_b0116313_21342575.jpg
陶知庵のお雛様。_b0116313_21344688.jpg
陶知庵のお雛様。_b0116313_2135531.jpg

自分のお雛様を思い出します。
とても飾り方が素敵なのですが、カメラがいつの間にか
タイマーセットになってしまい腕が疲れて撮れませんでした。
ぜひ、こちらのお雛様見に行ってくださいね。

そして、おまちかねの散らし寿司セット。
毎年、食べてるのですよね。
お雛様と散らし寿司のセットです。

陶知庵のお雛様。_b0116313_21385313.jpg

散らし寿司、味噌汁、がんもの煮物、手つくり豆腐、漬物、ピーナツ味噌。
どれもこれも添加物無しの、お袋の味。
陶知庵のお雛様。_b0116313_21404069.jpg

このれんこんが、しっかり甘酢の味が滲みていて美味しいです。
陶知庵のお雛様。_b0116313_2142137.jpg

がんもの隣にせりのお浸しがついてます。
香りが良くて春を感じます。
お豆腐には、紫蘇のみの漬けたものが載っていて
その味だけでお豆腐が味わえます。
きゅうりのたまりしょうゆ漬け、白菜の甘酢漬け、どちらも物凄く美味。
もちろん、ピーナツ味噌も。
全員、お土産に買って帰ります。
こちらで食事する度に、食べること、作ることの大切さを
思い返します。

陶知庵のお雛様。_b0116313_2147955.jpg

こんな可愛いお雛様も飾ってありました。
髪の毛は靴下やタイツのようです。
1000円で陶のお雛様作れます、とありました。
これが、そうでしょうか?

陶知庵のお雛様。_b0116313_2148524.jpg

帰り際に大誠窯で、蝋梅を見てきたら満開でした。
やっぱり黄色の花はパワフルです。
by sarutobietthan | 2013-02-13 21:50 | 益子 | Comments(4)
Commented by midori1872 at 2013-02-14 08:45
やっぱりお雛様はすてき♪
こちらでも3/2~「かつやまお雛まつり」があります。小さな街に人があふれます。3/1の前夜祭(夜)ロウソクの灯りの中でも少しですがお雛様を見る事が出来るので、ゆっくり見に行こうかなと思っています。
写真が撮れないけれど、、、、、
↓のお店も素敵ですね♪
手作りの作品には目を奪われます(#^.^#)
Commented by chacha-happydiary at 2013-02-14 19:57
立派なお雛様ですね^^v
年代によってお雛様もずいぶん雰囲気が違うのかな?

お雛祭りにはちらし寿司が食べたくなるのは何故かな?
この組み合わせは昔から変わりませんねよね(*^^*)
Commented by sarutobietthan at 2013-02-15 21:28
midori1872さん
前夜祭、素敵そうですね。
見てみたいです。
ほのかな灯りで綺麗でしょうね。
手作りのものを見ると作ってみたくなりますよね。
雛まつり、楽しみにしています。
Commented by sarutobietthan at 2013-02-15 21:29
茶々さん
益子にいらしたらまず、案内したいのがこちらです。
色々沢山あって、楽しいんですよ!
<< ぎっくり腰でも、やっぱり日曜は... 真岡 門前びわ市へ。 >>