カテゴリ:日常( 212 )

甘酒まつり

昨日は暖かな日曜でした。
12月の第一日曜は近所の神社の甘酒まつりです。
b0116313_22212372.jpg

班ごとに当番が回ってきて、甘酒や、ご馳走を作って
振舞います。
b0116313_22223379.jpg

こんな、お茶碗でいただきます。
これを飲むと1年無病息災です。
コップを持って、旦那の分も貰ってきました。
b0116313_22235790.jpg

娘は、このお祭りのきんぴらが大好き。
沢山作るから美味しいんです。
ゼミで行けないので、私のパックを取っておいたら大喜び。
試験にもご利益あるといいね。

今週末はのんびり。
まずは、土曜の夜、前から食べたかった紫芋のモンブランを
お取り置きしてもらい、やっと2個手に入れました。

ishikawaさんという、3軒しかないケーキやさんの1軒です。
b0116313_22292020.jpg

そんなに甘くなく、でも紫芋の味がちゃんとしています。
美味しい!
b0116313_22304429.jpg

そして、まん中には小さな大福が入ってるんです。
かわいい。。
そして、読みたかった本をゆっくり見て。。。
b0116313_2233918.jpg

これも作ろう、お、これも。。。こんな時間が幸せ。
満足です。

日曜の朝、ゼミの娘にお弁当を作ります。
一人分のお弁当の時はたいがいオムレツ。
b0116313_2236074.jpg

ソースが美味しい。
だって、ビーフシチューの残りとバーベキューソースの残りを
混ぜたんだもん。

娘が出かけたら、洗濯を干して、布団を干して、
いよいよ、ナナと散歩です。

b0116313_2238457.jpg

相変わらずののどかな風景。

b0116313_2239870.jpg
b0116313_22392826.jpg

霜柱がこんなに出来てました。
b0116313_22401113.jpg
b0116313_22403621.jpg

のんびり、ゆっくりな週末でした。
by sarutobietthan | 2010-12-06 22:34 | 日常 | Comments(12)

最後の実習

ずいぶん風が冷たくなってきました。
b0116313_21184447.jpg

b0116313_2120583.jpg

白鳥も10数羽来ています。
先週、私の近所の京都、薬王寺に行って見ました。
b0116313_21225573.jpg
b0116313_21232789.jpg
b0116313_21235924.jpg
b0116313_21242686.jpg
b0116313_21245352.jpg
b0116313_21253693.jpg
b0116313_21261864.jpg

もみじはまだ、そんなに赤くなってませんでした。
来週辺りが見ごろでしょうか?

娘の最後の実習が始まりました。
3週間で終わります。
今回、担当しているのはおじいさん。
癌患者さんで、痛み止めを使用しているそうです。
夜になると痛みがひどいらしく、
「今晩、どんな痛みがくるのかと思うと怖くて仕方が無い」と
話してくれたそうです。
「1番辛いのはどんな時ですか?」と聞くと、
「娘や息子が帰る時」と答えてくれたそうです。
昼間は、足の悪い奥さんが来てるそうです。
娘は、話を聞いて号泣してしまったそうです。
「話を聞いてくれるだけでも、気がまぎれるよ、ありがとう」と
おじいさんも泣いていたそうです。
きっと、おじいさんは家族にはそんなこと一言も言ってないのでしょうね。
辛い、怖い、寂しいなんて心配かける言葉は言えないのでしょう。
でも、夜病室で一人痛みと戦う。
夜は、暗くて、寂しくて、永いのでしょう。
「きっと、うちのじいもそうだったのかも知れないな」
ぽつんと旦那が言いました。

それでも、じいは私たちが病室にいると、
「ナナが車で待ってて可愛そうだから、もう行ってやれ」
と、言ってました。
病気の自分より、ナナを心配して。。
病院の玄関の外でナナに会えたときは嬉しそうだった。
もう、忘れられたかと思っていたとうで。
あまり歩けなくなってきたときは、外で息子がナナを連れ、
病室のベランダから見ていた。
こうやって、後から色んな事を思い出すと涙が溢れます。
涙をこぼすと、ナナがぺろぺろ涙をなめます。
こうやって、じいを思い出しては泣き、
ここちゃんが来ては笑い、泣いたり笑ったりを繰り返し
過ごしてゆくんでしょうね。

少しでも、おじいさんの痛みが和らぎますように。。。
by sarutobietthan | 2010-11-10 21:42 | 日常 | Comments(12)

秋の花を探して

昨日はとてもいいお天気でしたね。
日差しは暑かったけど、風はもう充分秋でした。
近所に蕎麦畑を見つけて、散歩がてらナナと行ってみました。
b0116313_22291582.jpg
b0116313_22294660.jpg
b0116313_22302149.jpg

これが常陸秋蕎麦になるんですね。
蕎麦の花はカスミソウみたいに小さくて可愛いです。
近所にこんなに広い蕎麦畑は初めて見ました。
b0116313_22322465.jpg

秋の空が真っ青で気持ちいいです。
b0116313_22331224.jpg
b0116313_2233325.jpg

風が強くてなびいてしまってます。
b0116313_22341690.jpg

お隣のおばちゃんが育てている彼岸花。
b0116313_2235873.jpg
b0116313_22352778.jpg

どちらもとても綺麗です。
写真を撮らせてもらっていると、おばちゃん家の息子が
「いいから、引っこ抜いて行って」「え、ええ。おばちゃんに泣かれちゃうよ。。。」
b0116313_22373422.jpg

ナナととってもいい汗かいて来ました。
by sarutobietthan | 2010-09-27 22:38 | 日常 | Comments(12)

運動会

土曜日は姪のかりんちゃんの運動会。
今年は小学1年生です。
小学校の運動会はわんこOKか確認はしませんでしたが
毎年恒例なのでナナも応援です。
b0116313_21204015.jpg

幼稚園に比べると出番はあまりありません。
駆け足とダンスくらいです。
かりんちゃんもナナも1番のお楽しみはお昼。
b0116313_21222397.jpg

b0116313_21224758.jpg

ナナはからあげの匂いのするところから離れません。
b0116313_21235878.jpg

お弁当は、お稲荷さんが2重、炊き込みご飯は1重。
から揚げ、生ハムサラダ、やきそば、スコッチエッグ、ウインナー。。。
デザートはフルーツゼリー。
よくぞ、作りました。
妹、「足りないのは嫌なの」
何年かまえにはやっていたことなんですけど。。
勉強している娘にもお土産にいただきました。

b0116313_2129562.jpg

週末は剥き栗を母がくれたので、栗ご飯。
十五穀米も混ぜてお赤飯風に。

b0116313_21304634.jpg

そして、今年はなかなか口に出来ない秋刀魚。
娘は骨を取るのが苦手で悪戦苦闘。
今までは、じいが取ってくれていたんだよね。

b0116313_213212100.jpg

こんにゃくに隠し包丁を入れて、おかかと醤油だけで煮ます。
一味唐辛子をかけていただきます。

b0116313_2134494.jpg

クックパッドで見た梨のケーキ。
梨をキャラメルで炒め、ホットケーキミックスでつくった生地で
焼くので簡単です。
梨もケーキに使えるのですね。美味しかったです。

b0116313_21362388.jpg

こちらも、フィンランドのブルーベリーのお菓子。
ヨーグルトを水切りして、砂糖と卵で焼くのですが
クリームチーズのように濃厚な味です。

b0116313_2138153.jpg

お昼に食べるものが無く、皿うどんを見つけました。
野菜のあんかけを掛けて。

b0116313_21391531.jpg

夜は手抜きの親子丼です。

今日は彼岸の入りで小豆を煮ました。
初彼岸が過ぎれば、少しは落ち着くでしょうか?
あれをして、これをして。。ということで一杯で、ここまで来ました。
時々、それを考えると息苦しくなる時がありました。
春から、凄いスピードで色んな事があったわ。
キャパオーバーでしょうか?
でも、楽しむことは忘れないからね!
by sarutobietthan | 2010-09-20 21:44 | 日常 | Comments(4)

まだ、折り返したとこです!

ついに今日、誕生日が来ました!
やったー!な、わけはないのですが。。。
ついについに、大台です。
でも、9の坂を乗り越えたからいっか。
まだ、人生の折り返しです。
時間は沢山あるはず?なので、これからも
いろんなことしていきたいな。
b0116313_228549.jpg

天然なお友達が、間違えたと1日早くプレゼントを
持ってきてくれました。
大人の女に似合うカップです。
わたしが花柄大好きなの、知ってるね!
これで、秋の夜長本を読みながらカフェオレ頂きます。
b0116313_22104124.jpg
b0116313_22105722.jpg

割烹着とかりんとう饅頭も。
冬は割烹着、暖かいのよね。
かりんとう饅頭はうちの旦那の大好物。
すんごく、喜んでいました。
彼女とはもう、17年くらいのお付き合いでしょうか?
娘が幼稚園の頃からです。
話さなくても通じるものがあり、楽です。
いつも、ありがとう。
b0116313_22143683.jpg

自分の誕生日でも、ケーキを作る元気もなかった今日。
桃のタルトを頂きました。
赤塚の美味しいケーキやさんのだね。
バターが効いてるタルトに濃厚ジャムと桃。
超美味しかったよ!
b0116313_22164222.jpg

このお友達からもお嫁ちゃんからも靴下をいただきました。
あれ?いつも裸足なので心配してくれたのかな?
このリボンの可愛いのは、お嫁ちゃんも娘も持ってる色違いです。
娘は、短いパンツにこの靴下とブーツだよ、と言いますが
履いてもいいんですか?短いパンツで?
通報されないでしょうか?
b0116313_22193463.jpg

そして、雨の中仕事帰りに届けてくれたお花。
シクラメンの胡蝶蘭にガーべラ。
家の中がぱっと明るくなりました。
皆さん、いつも色々気にかけていただいてありがとう。
その気持ちだけでも充分です。
まだまだ、これからもよろしくね!
なにしろ、あと半世紀付き合っていってもらうからね。
by sarutobietthan | 2010-09-16 22:23 | 日常 | Comments(14)

秋の美味しいご飯と柴田トヨさん

ばあの誕生日にちょうど実家から新米が届きました。
b0116313_2231335.jpg

うまく撮れてませんがピカピカの新米です。
実家の両親はじいの命日から七日ごとに、ずっとお線香をあげにきてくれて
います。ばあも、それを楽しみにしています。
ありがたい事です。
b0116313_22344967.jpg

ばあが頼んでくれたお刺身。
旬の、今年は高い秋刀魚もあります。
じいが好きだったね。
ばあは、お刺身が食べられないのでハンバーグを焼きました。
b0116313_22373990.jpg

マッシュポテトで79と書いたけど、よれよれでした。
ケーキは明日、食べに行こうね。
b0116313_22392234.jpg

ごぼうとベーコンの炒め物。
b0116313_2240594.jpg

切干大根のサラダ。
b0116313_22404473.jpg

茄子チリ。切り方を変えてみました。

そして、ばあのプレゼントに間に合ったこの本。
b0116313_2324257.jpg

「くじけないで」
宇都宮市在住の99歳の柴田トヨさんの詩集です。
もう、20年も一人暮らしをしていて92歳で詩を書き始め
自費出版したこの詩集が60万部を突破し書店では在庫切れ状態です。
詩を読んでみると、何気ない日常のことなのですが
懐かしいような、ほんわりするような。。。
おばあちゃんの作るおにぎりが何故か美味しくても
同じようには握れない、そんな感じの詩です。
でも、プロフィールに夢は、
自分の詩集が翻訳され、世界中の人に読んでもらうこと。
同郷の作曲家、船村徹に詩集を読んでもらうこと。
と、あります。凄いです。
そして、どんなにひとりぼっちでさびしくても、
「人生、いつだってこれから。だれにでも朝はかならずやってくる」
と言ってます。
ばあに、この詩集を読んでもっと元気になって欲しいな。
by sarutobietthan | 2010-09-03 23:36 | 日常 | Comments(6)

最近の。。

朝、起きて雨戸を開けると、
b0116313_21514839.jpg
b0116313_21521168.jpg

いつまでも、朝顔の似合う季節では困りますが。。。
最近の嬉しかったこと。
なんと、ナナの体重が多かったときに比べて650グラムも減りました。
一時薬の副作用で食欲旺盛だったときから比べると、ですが。
さすがに、食欲がないみたいですが蓄えが沢山あるので大丈夫でしょう!
b0116313_21554370.jpg

最近のお気に入り。
b0116313_21561621.jpg

セブンで売ってるかき氷。
b0116313_21565623.jpg

がりがりしてなく、ふわふわで美味しいのですが、何件回っても売り切れで
手に入りません。
そんな時は、
b0116313_21582380.jpg

若い子に人気、、に弱いんです。
でも、チョコ、クッキーがざくざくで美味しい!
b0116313_21592156.jpg
b0116313_21593872.jpg

雑誌の付録。
目覚めてしまいました。だって、付録とは思えない可愛さ。
b0116313_220562.jpg

最近の美味しかったお土産。
友達が猛暑の中、常陸太田のぶどう園で買ってきてくれました。
味の濃さと色の濃さは比例するのですね。
それぞれの味が違い美味しい!
b0116313_222445.jpg

この間のパン屋さんで買った、クランベリーチーズ。
チーズがこれでもかとわんさか入っていて、感激!
b0116313_224032.jpg

道の駅で買った旦那好みのお菓子。
b0116313_2251997.jpg

きゅうりに付けてポリポリ、止まらない。
最近、美味しく出来たもの。
b0116313_2265253.jpg

ステーキ肉を柔らかくする方法を見て、試したくなったけど黒毛和牛しか売って
無く、もともと柔らかいのに試してみた。
包丁の背でお肉を叩き倍位にして、また元の大きさに戻して焼くそうです。
効果があったのか、凄く柔らかく焼けましたよ。
b0116313_22104165.jpg

茄子のピザ風。
素揚げした茄子にカリカリベーコン、ハーブミックス、塩コショウ、トマトのスライス
を載せてチーズを載せてオーブンで焼きました。
焼いたトマトが甘くて爽やか!
b0116313_2212411.jpg

ゴーヤのGOちゃんの漬け汁に鷹の爪を入れて煮切り、乾燥したままの
切干大根を漬けておくだけで、美味しい!
b0116313_22144650.jpg

暑くて食欲の湧かない今夜、シラスと梅干のチャーハン。
シラスをごま油で炒め、胡麻、梅干の細かくしたの、ご飯を入れます。
のり、青味、明太子を載せて出来上がり。
これなら、もりもり。
いつまで続くか解らない暑さだけど、沢山食べて乗り切りましょうね。
by sarutobietthan | 2010-09-01 22:18 | 日常 | Comments(4)

蓮の花

b0116313_22162232.jpg

お盆の時に友人が持ってきてくれた蓮の花です。
やはり、鑑賞用とハス用とあるようです。
茎をはさみで切るとぬるぬるしていました。
きっと、生命力も強いのでしょうね。
b0116313_22183969.jpg

やはり、他の花に無い神秘を感じます。
お客さんも切花で見たのは初めてと言う方が多かったです。
そういえば、お嫁ちゃんも懐かしいお餅を持ってきてくれました。
b0116313_22205797.jpg

シソの葉で挟んだお餅。
小さい頃、こうしていました。
抗菌の作用があるのでしょうね。
懐かしくなりました。
b0116313_22222913.jpg

おからのハンバーグも持ってきてくれました。
美味しくいただきました。

母の病気に関してご心配頂きありがとうございます。
よく考えてみれば、パーキンソン病は茨城県指定の難病です。
本当だったら、ドキドキしてしまうところですが案外平気でいます。
まあ、80歳近くなったら何かしら病気でも仕方ないんでしょう。
血圧の薬も飲んでいないくらいですから健康だったのですね。
ゆぅみさんのところで見た今日の竜馬の言葉、

楽観

楽観的であることは、幸せの必須条件

悲観的な幸せなんて聞いたことないぜよ。
           by龍馬の如く

難病、ですが深刻ではありません。
楽観、その通りです。
最近読んだ小林正観さんの本にも、
「幸せ」と「不幸」はとらえ方がちがうだけ
「病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ
生きて居ても何の面白みもない」
正岡子規が残した言葉です。
若くして結核を患った正岡子規は、「病気を楽しむ」と受け止め、
死の直前まで創作活動を続けていたそうです。とありました。

そして、家族も本人もあまり悲観していないのは、その前に父の死が
あったからかも知れません。

その大きな事に比べればたいていのことには
驚かないのです。

そんな風に人生には色んなことがうまく
交互に組み合わせられているのでしょう。

母は自分のことよりも、乳がん検診から帰るのが
遅かった私のことの方が心配だったらしく、
帰った私を見てほろりと涙をこぼしていました。
そんな母だから、きっと「病気も楽しむ」ことができるでしょう。
by sarutobietthan | 2010-08-22 22:43 | 日常 | Comments(8)

もうひとつの幸せ論

もう、明日から長期夏休みに入る人もいるんですねえ。。
食べ物にうるさい、息子もじいもいない我が家の食卓は、、、
b0116313_22223082.jpg

ぬるぬるねばねば三昧。
ねばねばは、食べやすく胃腸の粘膜を守ってくれるので
夏バテ防止になるのだそうです。
山芋、納豆&おくら、めかぶのトリオです。
ばあがぬるぬる大好きなんです。
私は火を使わないで済めばなんでもいいです。
そして、明日は
b0116313_22244893.jpg

こちらのぬるぬるを用意しました。
そして火を使わない茄子料理。
b0116313_22254975.jpg

茄子を薄切りにしてレンジでチン!
スライスオニオン、トマトと胡麻ドレでいただきます。
b0116313_22273686.jpg

でも、夕べは大汗かいて茄子揚げましたのよ。
しょうがを下ろしてポン酢で食べます。
この油がいいのかも?
b0116313_22285835.jpg

こちらは実家から届きました。
b0116313_22293610.jpg

そして、法事でお世話になった割烹に支払いに行ったら鮭を半身
貰っちゃいました。
魚を下ろすのは苦手。。。
b0116313_22312659.jpg

ホットプレートで鮭のちゃんちゃん焼きにしました。
娘が好きなんです。
玉ねぎ、もやしの上に鮭をどんと載せて砂糖みりんで伸ばした味噌を
かけてホイルで包んで蒸し焼きにします。
写りは悪いけど、鮭がふわふわで柔らかく美味しいです。
b0116313_22362643.jpg

先日、プリン好きの近所の奥さんにメロンプリンを2個差し上げたら
こんなにお返しをいただきました。
b0116313_22375494.jpg

ふるふるのオレンジゼリー。
b0116313_22383053.jpg

杏仁豆腐。
水戸のキャトルセゾンのでした。
今度はどこのプリンをお返ししよう?
b0116313_22395634.jpg

こちらは川崎大師山門前の葛餅。
黒蜜が美味しく、もったいないのでちびちび食べています。
そういえば、しばらく前にエチカの鏡で自分の脳を騙すと言うのを
やっていましたが、小林正観さんの本にダイエット法として
「私っていくら食べても全然太らないのよね」って言うだけの
ダイエットが書いてありました。なるほど。
声に出して言いましょう。
b0116313_22461074.jpg

そんな訳で久しぶりに本を買いました。
まだ、最初しか読んでませんが、いいこと書いてありますね。
「地獄度100%とは孤独なこと。
天国度100%とはその180度反対にあるよき仲間に囲まれること。
よき仲間とは、
自分の喜びを一緒に喜んでくれる人
あなたはあなたのままでいいと、言ってくれる人
同じ方向を向いて、同じ価値観で生きている人
同じ話題を同じように笑顔で話せる人
喜ばれるように生きている人
不平不満を口にせず、常に感謝をしてる人」

今はよき仲間に恵まれていると思います。
私も誰かのよき仲間でいられるように心がけて暮らしたいね。
b0116313_22563994.jpg

by sarutobietthan | 2010-08-06 22:34 | 日常 | Comments(10)

梅雨が明けて

b0116313_23111252.jpg

梅雨が明けて、今日はピカーンと青空でした。
b0116313_2312829.jpg

じいが育てていた百合ももうすぐ咲きそうです。
b0116313_2313012.jpg
b0116313_23131235.jpg

毎年、秋まで咲かない隅田川の花火、珍しく咲きました。
沢山の方からお悔やみのコメントを頂きありがとうございます。
告別式も終わり、じいのお骨を目の当たりにしたにも関わらず
全然、実感がありません。
ナンバーディスプレイに080の番号で掛かってくると
また、じいだ。と思ってしまいます。
これから35日の法要と初盆まで忙しく、わからないことばかりです。
お嫁ちゃん家のおじいちゃんが亡くなって、結婚式が終わって、
赤ちゃんが生まれて、我が家のじいが亡くなって。
命の始まりと終わりを実感しました。
じいの病気は末期の胃がんでした。
ある程度の覚悟はできていました。
ただ、最後まで誰の手も煩わすことも無く痛いということも
なかったのでじいにとっては良い最後だったのでしょう。
誰もが、好きに生きて何も思い残すことの無い一生だったろうと言う
生き方でした。
息子がしばらく泊まって、うどんやジャガイモの煮物などを作ってくれ
時に「赤ちゃん、どうしてるかな?」と恋しくなったりしていましたが、
向こうに帰ればこちらが心配で、電話をよこします。
甥も姪も娘も息子も歳が近いので、しばらくは宿泊学習のようでしたが、
皆、大きくなったので掃除やお茶出しなど率先してくれ本当に助かりました。
旦那は告別式後、高熱を出し点滴。
へたれ、と呼ばれていました。

今日はゆっくり片付けをしました。
b0116313_2336040.jpg

去年も作ったきゅうりの佃煮。
べスママさんが沢山作ってくれました。
美味しくて食も進みます。
ばあは大好きです。味海苔にご飯を載せこれをはさんで食べました。
b0116313_23382921.jpg

野菜が沢山貯まってしまったので野菜スープ。
トマトとバジルで味付け。キャベツ、玉ねぎ、茄子、ジャガイモたっぷりです。
b0116313_23404014.jpg

ばあが、フランスパンとピザが好きなのでピザトーストです。
ピザソース代わりに、完熟トマトのスライスで。
さっぱり、美味しいです。
b0116313_2342523.jpg

オニオンスライス。
酢醤油でいただきます。
貯まってしまった野菜消費の夕飯でした。
b0116313_071580.jpg

ちなみに白キムチは切ったきゅうりにこのたれを絡めて5分で
食べられます。
糸唐辛子や白髪ねぎを載せればお洒落です。

ナナは最初、じいを探していましたが祭壇の前の座布団にしばらく
座ってからは探さなくなりました。
by sarutobietthan | 2010-07-18 23:56 | 日常 | Comments(6)