カテゴリ:出来事( 92 )

新盆に伝説が一つ出来ました。

さて、新盆の初日の夕飯はスポンサーのご馳走で
近所の美味しいインドカレーのテイクアウトです。
3家族、総勢12名の希望のメニューを
姪っ子、お嫁ちゃん、娘の女子たちで買いに行きました。

それと言うのも、本当にイケメンがいるかの確認も含めて。
3人の公認を得られました。
イケメン確定です。
b0116313_21561132.jpg
こはるちゃんの、いただきますの合図で食べます。
b0116313_21550968.jpg
大人も、いただきます。
b0116313_21554102.jpg
こはるちゃんも、ここちゃんもサフランライスがとても気に入り
何回もお替りです。
バターチキンカレーは、甘みがあり子供でもパクパク。
b0116313_21554927.jpg
いつもは、食の細いここちゃんがモリモリ食べるのが嬉しいです。
テレビを観ていたら、川田アナウンサーがスキップが出来なく
一同、大爆笑。
義姉が「笑っているけど、本当にスキップができるかやってみよう。」
と、言いだし一人づつスキップをしてみることに。。
甥っ子、合格。
娘、合格。
私、重そうだけど合格。
お嫁ちゃん、上手に合格。
そして、息子の番です。
元々、息子は背が大きいのです。
皆、短い距離をスキップしたのですが
何を自慢したかったのか、2間をスキップして抜けようとしました。
和室の鴨居って、低いの知ってますか?
背が高い上に鴨居のところで、思いっきり跳ね上がったのです。
鴨居が一瞬、びよーんと揺れたそうです。
息子は、スキップして思いっきり頭を鴨居に打ち付け倒れ
痛くて涙を流しています。
「救急車を、呼ぼうか。。」
一同、唖然とした後涙を流し、お腹を抱えて笑い転げます。
私も、腹筋が切れるほど笑いました。
メンバー中、看護師が4名。
息子が大丈夫と起きたので、事なきとなりましたが。。
もう、スキップと聞いただけでも思い出して笑えます。
新しい伝説。
今朝は、朝からここちゃんがお手伝い。
b0116313_21562082.jpg
ミニトマトのマリネを作るのに、湯むきをしてくれました。
b0116313_21562871.jpg
空き箱で、段ボールハウスを作ったり。
b0116313_21565381.jpg
チョコバナナを、皆に作ってくれました。
今日のお昼は、お嫁ちゃんちのおおものと言うトウモロコシで
焦がし醤油のトウモロコシピラフ。
バターと胡椒と焦がし醤油が効いて、大人にも好評。
こはるちゃんにも好評で、何回もお替りをしていました。



b0116313_21564433.jpg



4日間、お手伝いをしてくれ今晩帰って行きました。
今は、韓国ドラマの声しか聞こえません。
楽しくお盆を過ごせました。
明日、1日頑張ろう。

1クリックで、「動物救護隊にゃんだーガード」を応援してください!】
http://gooddo.jp/gd/group/nyanderguard/?from=fbn0
動物救護隊にゃんだーガードの参加しているgooddoでは、毎日クリックするだけで無料で応援することができます。
みなさんの応援が力になります!よろしくお願いいたします。
■■クリックでのご支援の手順■■
1、まずは、gooddo(グッドゥ)の動物救護隊にゃんだーガードのページへ。
http://gooddo.jp/gd/group/nyanderguard/?from=fbn0
2、赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります
3、各ゴールを達成すると、ポイントに応じて支援金が届けられます!
■■動物救護隊にゃんだーガードからのメッセージ■■
代表ブログ 皆様へのお願いを書かせて頂いています。
是非読んで頂きまして ご協力お願いしたします!
http://porkporkpork.blog120.fc2.com/blog-entry-2388.html

スマホから、1クリックすることで無料で支援が出来ます。

by sarutobietthan | 2017-08-14 22:18 | 出来事 | Comments(2)

賑やかな新盆です。

b0116313_22175574.jpg
新盆1日目が無事終わりました。
息子一家が、一昨日から前乗りで来ているので賑やかです。
草刈りも、一段落して昨日はあちこち買い物です。
日立のフォーシーズンズに、お花をお願いしたのでお嫁ちゃんとドライブ。
b0116313_22284201.jpg
とても、素敵でばあの好みのお花です。
日立は、海風が涼しかった。。
お嫁ちゃんと、お茶やお菓子をご馳走になり気分もリフレッシュ。

b0116313_22321354.jpg

ブルーや紫がとても綺麗。
b0116313_22314816.jpg
トルコキキョウ。
b0116313_22322790.jpg
こちらも、トルコキキョウ。
b0116313_22324781.jpg
b0116313_22323842.jpg
リンドウも涼し気。
まだまだ、やる事があるので重い腰を上げて帰路へ。
我家からお店までの1時間で、優雅な時間へ移動できます。
b0116313_22373422.jpg
今日は、から揚げ。
b0116313_22374172.jpg
春雨サラダ。
これは、味付けしたたれで春雨を煮て作ります。
最後にラー油を入れたら、ピリ辛で美味しく好評でした。
春雨80gと、細切りにした人参1本を
水・・・200㏄、酢・・・大匙5、醤油・・・大匙3、砂糖・・・大匙1で
中火で煮ます。
沸騰して2分で火を止め、ハムを入れ冷ます。
きゅうり、カイワレ、コーン等好みの具を入れごま油大さじ1、胡麻を
混ぜる。
私は、ラー油も入れました。
b0116313_22374997.jpg
きゅうりが、あまり売って無く瓜の白キムチ。
白キムチは、毎年好評です。
b0116313_22375868.jpg
ほくほく南瓜。
炊飯器で煮るのですが、間違いない美味しさ。
1/4のカボチャを一口大に切ります。
炊飯器に、水180㏄、麺つゆ大匙2、砂糖大匙2を混ぜ
カボチャを入れ、炊飯のスイッチを押すだけです。
b0116313_22380682.jpg
ゴーヤの佃煮も好評です。
あと、ミニトマトを湯むきしてマリネ。
撮ってませんが、お嫁ちゃんとわらび餅も沢山作って出しました。
今晩は、12人で夕食です。
全員、涙を流してお腹を抱えて笑う事件がありましたので
明日、報告しますね。



by sarutobietthan | 2017-08-13 22:52 | 出来事 | Comments(4)

49日法要。

b0116313_22121736.jpg

今日は、ばあの49日法要でした。
風邪もどうやら落ち着き、無事に終えることができました。
息子一家は、勿論前泊です。
孫たちが賑やかで、もう前夜からパワー全開。
今日は、お寺で法要の後若住職のお話を聞きました。
我家は、浄土真宗で板敷山と言うお寺の檀家です。
いつも、親鸞聖人や阿弥陀様のお話を解り易くしてくれます。

今日のお話の概要は、

 地中蓮華 (チチュウレンゲ)…

 青色青光 (ショウシキショウコウ)

 黄色黄光 (オウシキオウコウ)

 赤色赤光 (シャクシキサャッコウ)

 白色白光 (ビャクシキビャッコウ)

 ―仏説阿弥陀経・経文─



 蓮のはなが…青い花は青色の光を放ち、黄い花は黄色の光を放ち、

 赤い花は赤色の光を放ち、白い花は白色の光を放ち

 それぞれがチカラいっぱいの光を放って咲いている。

 SMAPの歌った『世界にひとつだけの花』『仏説阿弥陀経』と云う
 お経が元になっているそうなのです。

 浄土真宗が教典としている『仏説阿弥陀経』の中で説かれている『教え』。

 世界でひとつだけの花は私(あなた)自身です。

 私たちひとりひとりが世界でひとつだけの花なのです。

 なぜならそれは、かけがえのない唯一無二の存在だから。

 青い花は青い光を精一杯放てば良い。

 赤い光を放とうとする必要はひとつもない、黄色い花は黄色い光を精一杯放てば良い。

 白い光を放とうとする必要などひとつもない。

 ひとりひとりが精一杯自分自身を生きれば良い。

 他と比較することばかりに奔走し、卑下したり傲慢になったり。

 くだらない名誉や名声を追い求め自分自身を見失う。

 しなければならないこともせず、ただ自分の主張だけを振りかざす。

 そんな私(あなた)にならないでくださいと説いているのです。

心に迷いがある時に、このような話を聞くだけで落ち着く気がします。 

普段の日でも来たいと思うお寺です。

この日の自宅の祭壇に飾るお花を、フォーシーズンズでお願いしました。
b0116313_2234837.jpg

b0116313_22344379.jpg

b0116313_2235163.jpg

b0116313_22351944.jpg


何色とも表現できない優しい色合いで、
一つ一つ、種類も色も違う花がこうして一体となってる不思議。
紫の好きだったばあは、喜んでくれたでしょう。

その後の会食も、和やかに楽しく出来ました。
出席してくれた方が
「ひでさんのお蔭で、こうして今日この様に皆の縁を繋いで
和やかに飲食でき感謝したい」と言ってくださいました。

これで、ばあも安心できたかな?

b0116313_2245195.jpg

ばあの好物で供養します。。
by sarutobietthan | 2017-05-28 22:46 | 出来事 | Comments(0)

ちいさな幸せのお裾分け。

b0116313_2210161.jpg

今、こたつで横になってるナナです。
3月に入りました。
3月になると、11日の震災のテレビ報道がどっと流れます。
茨城も被害はありましたが、ほぼ日常の生活が戻っています。
それは、あまりにも当たり前のことで年数が経つとやはり風化
されそうで、あの時の電気が付いた時のうれしさや
家族と連絡のついた時の喜びも、薄れてくるのかもしれません。

あの日を思い出し、今こうして普通に生活できることが
充分幸せな事なのだと思います。
先日書いたにゃんだーガードに、出来ることが何か?考えてみました。
にゃんだーガードは、震災後福島でシェルターを開設し被災地に残されたり
被災者が飼えない犬猫を保護していますが、資金難で存続が厳しい状態です。
まず、Facebookを開くと
b0116313_2222778.jpg

子猫ちゃん達の写真のページが、出てきます。

1クリックで、「動物救護隊にゃんだーガード」を応援してください!】
http://gooddo.jp/gd/group/nyanderguard/?from=fbn0
動物救護隊にゃんだーガードの参加しているgooddoでは、毎日クリックするだけで無料で応援することができます。
みなさんの応援が力になります!よろしくお願いいたします。
■■クリックでのご支援の手順■■
1、まずは、gooddo(グッドゥ)の動物救護隊にゃんだーガードのページへ。
http://gooddo.jp/gd/group/nyanderguard/?from=fbn0
2、赤い「応援する!」ボタンをクリックするだけでポイントが貯まります
3、各ゴールを達成すると、ポイントに応じて支援金が届けられます!
■■動物救護隊にゃんだーガードからのメッセージ■■
代表ブログ 皆様へのお願いを書かせて頂いています。
是非読んで頂きまして ご協力お願いしたします!
http://porkporkpork.blog120.fc2.com/blog-entry-2388.html

スマホから、1クリックすることで無料で支援が出来ます。
私も、やってみます。

そして、1口1000円の寄付金を募ろうと思います。
そのお礼に、お菓子を焼きます。
それが、私らしいかと思います。
b0116313_22281547.jpg

先日、焼いたチョコバナナマフィン。
シフォンケーキや、パウンドケーキ。
b0116313_22293825.jpg

りんごとシナモンのガトーインビジブル。
b0116313_2230515.jpg

断面綺麗です。
1日、福島にボランティア活動行ったと思えば沢山焼けると
思います。

そして、チャリティーのお茶会を開こうと思います。
お菓子とお茶を持ち寄って、
例えば、ハンドメイドお茶会。
例えば、ケーキを焼くお茶会など。

昔は、このような団体はどうなのか?
お金のある人が、してくれればいい事じゃない?
とか思っていたこともありますが、子供と同じ年のみっちゃんが
頑張ってボランティア活動しているのですから、微力でも協力したいです。
みっちゃんちには、いつも保護猫、保護犬がいます。
デート中、保護猫の薬の時間で帰る事になり喧嘩し彼と別れたり。。
暴露して、怒られるかな?
でも、そんな子がいてくれてうれしいです。
思い返すと私は、小学校の頃帰り道に繋がれているワンコにパンを
あげたくて、いつも給食のパンを残し、友達からも集めて
ワンコにパンをあげていました。
今考えると、そのワンコが本当にお腹を空かせていたのか?解りません。
喜んでパンを食べるのが、嬉しかった。
いちも、誰も居ないうちで太い鎖につながれていたのを覚えています。
お節介の小学生が、そのままおばさんになってしまいました。。

小さいころ水戸に家族で買い物に行くと駅に軍服を着て片足が無い人が、
募金を入れ物に入れて貰っていました。
私の母親は、必ずお金を入れていました。他の募金でも。
うちは、そんなにお金があるはずは無いのにどうして他人にあげてるのだろう?
と、思っていました。
私も、働くようになり水戸駅を利用すると頻繁に募金活動に
合います。
やはり、母と同じくお金を入れるのです。
母に、何かを言われたわけではありません。
ただ、その姿を見てていただけでした。
募金することが、いいか、悪いかでなく母親のしてることを
リピートするんです。。

私の考えてることが、ただのお節介おばさんであっても
何か解ってもらえたらいいな。
やろうと思っても、時間が経つと決心が鈍るので書いてみました。
今、普通に生活できるちいさな幸せのお裾分けができたらいいと思います。
by sarutobietthan | 2017-03-02 22:18 | 出来事 | Comments(8)

にゃんだーガード福島からの、お願いです。

b0116313_2153777.jpg

娘と一緒に、アメリカ旅行に行ってたみっちゃんから
お願いが届きました。
みっちゃんは、福島の震災で行き場を失ったペットを保護する
ボランティア活動をしています。
仕事が休みの時に、福島まで地震以来通っているのです。
そのペットを保護しているにゃんだーガード福島が今、資金難で夏以降の
活動が出来なくなる恐れがあるそうです。
隊長さんも、個人の資金も使い果たしてしまったそうです。
寄付も震災の記憶の風化で、集まらないそうです。
みっちゃんは、にゃんだーガード福島が無くなると動物福祉が後退して
しまうと考えています。
救われるであろう命は、救いたいと思っています。
少しづつでも寄付金を集めたいと思い、迷惑なのは承知ですが
賛成してもらえるのならば、こちらの内容を拡散して欲しいのです。

協力できることは、今の私には寄付という形しか出来ませんが
継続してできる何かを考えていかなくては、これからの活動が
安定しないと思います。
里親を検討する形もありますが、我が家では難しい状況です。

取りあえず、こちらの内容をブログやTwitter、Facebook、インスタグラム
等で紹介していただけると有難いです。
宜しくお願いします。

ホームページより
抜粋した1文です。

福島県田村郡三春町に位置する、にゃんだーガード福島シェルター
どこまでも澄んだ空、青々と生い茂る木々、とても20数キロ
先で地獄のような事態が起きているとは思えない場所です。
通り過ぎる地元の人々と無言で過ぎる事なく
「おはようございます」
「こんにちは」
「こんばんは」
忘れていた言葉が当然のように存在する場所です。
そんなすばらしい地への「ボランティア参加」
その小さな一歩は、あなたの今後の生き方に大きな変化を
与えてくれるかもしれません。
福島シェルターに一度参加した殆どの人達は又戻ってきます
「なぜでしょう?」
それは人の温かさかも知れないしやりがいかも知れません
初めて"どきどき"しながら参加したボランティアが
「遠い昔のような気がする」
そんな 場所だからかも知れません。
過酷な環境から救った動物たちには今ボランティアさんが必要です。
是非あなたのチカラを貸してください。
代表 本多 明
by sarutobietthan | 2017-02-27 22:05 | 出来事 | Comments(0)

ロキパン定期便と、ワンオクロック。

ロキパンファンがパンの定期便を、お願いしました。
色んなパンを詰め合わせて届けて貰ってます。
田舎で、天然酵母の美味しいパンを何種類も食べられるなんて
幸せです。。
b0116313_2119670.jpg

こんなに作って貰ってます。
今は、6人分ですが予約が増えてます。
ラッピングも丁寧で、一つ一つパンの説明書も嬉しい。
覚書として、1回目は
☆ドーナツ3種  リング・・グラニュー糖
         ツイスト・・きな粉
         うずまき・・ソーセージ
☆ベーグル1種  カレーorトマト
☆ナン
☆葡萄と胡桃のパンスライス
☆ライ麦パン1種 プレーンorチーズ
☆小麦胚芽のパン
☆ザルツシュタンゲン・・岩塩をトッピングしてあるドイツのパン
☆ホシノ天然酵母で焼いたシュト―レンスライス
読んだだけでも、美味しそう。
b0116313_21284249.jpg
 
小麦胚芽のパンを柚子ジャムで、頂きました。
ドーナツは瞬殺です。
ツイストドーナツは二つは無いと、夫婦げんかになるので
必ず二つでと、お願いしました。
2回目の定期便が、最初の写真です。
写真を撮る暇なく、無くなってしまいます。
☆ベーグルプレッェル・・岩塩トッピング
☆ドーナツ・・プレーン&きな粉
☆角食2コ
☆ツオップ(編み込みパン)
☆シフォンケーキ2カット
☆黒ゴマときな粉のショートブレッド
☆マスカルポーネクリームのスコーン
充実してるわ。。何から食べるか楽しみ。
b0116313_21362649.jpg

角食をバターでトーストして、自家製あんこで。
耳がしっかりして噛みごたえあり。
b0116313_21374371.jpg

こちらがショートブレッド。
胡麻がたっぷりで美味しい。
サクサク感も、たまらない。
b0116313_21384789.jpg

残りの角食は、フレンチトーストにして
自家製りんごジャムトッピング。
至福のひと時。。
ドーナツは撮る暇はありませんでした。
シフォンケーキはプレーンだけど、とても奥深い味で
私の作ったものとは全然違うので、材料を教えてもらいました。
細目グラニュー糖、バニラオイル、太白ゴマ油、ゲランドの塩、
小麦粉は特宝笠、クリームタータの代わりに乾燥卵白使用。
味の違いが、よく分かりました。
本当に好きじゃないと、出来ないよね。

このパンを、キッチンスロープで受け取った時に
18祭をテレビで全員観ていたので、その話で盛り上がりました。
ワンオクロックのボーカルが、森進一、昌子の子供だと
きょう子ちゃんは知らなく、びっくり。
妹が以前からワンオクロックのファンで、ライブに行ってるので
興味があったけど、歌も上手いし、歌自体も良いし、英語も堪能
話す事も奥深い。
その時、唄った歌がwe are…
歌詞に
僕らはもう引き返すことは出来ない
夢は終わり 目を覚ます時
絶望や希望も 同時に目を覚ました
鏡に映った 僕が問いかける
自分を誤魔化し 生きることに意味はあるか
省略
Anything they say
誰がなんて言おうと
Will never break our hearts of gold
俺らの汚れのない心は壊せやしない
When you're standing on the edge
崖っ淵に立たされ
So young and hopeless
全てのことに嫌気がさして不安を感じても
Got demons in your heard
それは若さゆえの絶望感
We are, we are
みんなそうさ! みんなそうさ!
No ground beneath your feet No here to hold you
君の足元に地はなくとも大丈夫
省略
君は君だから
You should be someone else
他の誰かになりたいだなんて思わないで
Stand up tall and say I'm not afraid,I'm not afraid
誇りをもってもう怖くないと言おう
So never tell yourslf
君は君だから
You should be someone else
他の誰かになりたいだなんて思わないで
Stand up tall and say I'm not afraid
誇りをもってもう怖くないって言おう
When you're standing on the edge
崖っ淵に立たされ
So young and hopeless
全てのことに嫌気がさして不安を感じても
Got demons in your head
それは若さゆえの絶望感
We are, we are
みんなそうさ! みんなそうさ!
No ground beneath your feet Now here to hold you
君の足元に地はなくとも大丈夫
'Cause we are, we are
俺たちは 俺たちは
The colores in the dark
暗闇の中の色(ひかり)だから

とても、胸をつく歌詞で
自分を誤魔化し生きることに意味はあるか
君の足元に地はなくとも大丈夫
君は君だから
他の誰かになりたいだなんて思わないで
おばちゃんの心にだって、響いて来ます。

こんな若い時に、自分のやりたいことを見つけることが
できていたなら。。と思うのです。
実際、18の頃やりたいことを見つけるのは難しかった。
目の前の楽しい事ばかりを、考えていたから。

こんな歌に巡り合ったいたなら、少しは違っていたかな?
だから、この歳でもやりたい事が見つかり始動している
きょう子ちゃんは凄いわ。。

お嫁ちゃんも、通信教育を受けながら念願の保育士の国家試験に
合格しました。

娘も、仕事を辞めて1年近く色んなとこを経験して
来月から、看護師の仕事に就くことになりました。

私も、やりたいことはまだ、ほんわかしているけれど
まずは今の仕事、家の事を出来る限りやっていく中で
見つかるであろうと、思っています。

まとまりのない話ですが、1度we are聞いてみてね。
18歳の子たちが、一生忘れない瞬間。
自分に嘘をつかないで、生きて行こうと思えてきます。
おばちゃん、開眼です!
by sarutobietthan | 2017-01-23 21:52 | 出来事 | Comments(3)

美味しい誕生日。

13日は、ナナパパの誕生日でした。
お正月の海老があったので、海老ピラフ。
b0116313_2222464.jpg

柚子ジャムで、柚子チョコパウンドケーキ。
b0116313_22224217.jpg

b0116313_22234964.jpg

那須から帰った娘も、洋ナシのチョコレートタルトのお土産。
那須のカフェ「隠居の間」で、作って貰ったそうで濃厚で美味しい。
b0116313_22254476.jpg

カフェも、掘りごたつでほっこり。
b0116313_22263214.jpg

こちらは、大田原のヒカリノカフェ蜂巣小珈琲店のスコーン。
小学校をリノベーションした障碍者支援施設のカフェ。
明るくて気持ちよい、素敵なカフェだったそうです。
スコーンも、ふわふわタイプで食べやすく美味しい。
娘の那須旅行の目的は、かまくら作りでした。。
b0116313_22332954.jpg

久々のペニーレインのパンも。
b0116313_22341478.jpg

そして、那須の辛口の地酒のプレゼント。
b0116313_22345781.jpg

達筆な酒屋さんで、すらすら書いてくれたそうです。
もう、ナナパパ目じりが下がりっぱなし。
お蔭で、美味しく誕生日を迎えました。
by sarutobietthan | 2017-01-17 22:38 | 出来事 | Comments(2)

7回忌。

昨日は、じいの七回忌の法要でした。
亡くなったのは7月でしたが、娘が帰って来るのを待って
10月になりました。

姉家族と、我が家だけの法要です。
息子夜勤明けで、間に合うか分からずに保留。
自宅で食事をすることに、しました。

b0116313_21172829.jpg

皆、ローストビーフが好きなので仕込みました。

金曜が、寒い雨の日だったので心配でしたが
秋晴れの清々しい日になりました。

b0116313_21204626.jpg

お寺の銀杏も色づき始め、雨の雫が朝日に輝いて綺麗でした。
本堂の中は、童謡のBGMが流れ心が洗われるようです。
b0116313_2123464.jpg

向こう側に、青空が見えます。
お経を聞いたり、仏教のお話を聞き、じいのことを思い出したり
心が川の流れのようにサラサラ流れていくような時間でした。

息子達も、時間に間に合い孫たちもお焼香できるくらいに
大きくなりました。

お墓参りをして自宅に戻り、お昼です。
b0116313_2128960.jpg

友達が、お線香代代わりにとシフォンケーキを
焼いてくれました。
b0116313_21291857.jpg

私は、林檎のクランブル。
b0116313_21295818.jpg

お刺身の盛り合わせと、ローストビーフ。
b0116313_2130439.jpg

どうしても薄く切れないのですが。。
b0116313_21314833.jpg

けんちん汁。
b0116313_21321728.jpg

おはぎも沢山。
b0116313_21324566.jpg

白い豆のおこわ。
本当は、何て呼ぶのでしょうか?
b0116313_21333086.jpg

前日に作った五目豆。
これが人気でした。
白菜と林檎のコールスローなど。
大したご馳走では、ありませんが皆が仲良く暮らしてることが
じいには1番の供養になると思います。

b0116313_2135361.jpg

b0116313_2135548.jpg

皆が帰った後は、静かです。
ナナも、お疲れ。。
by sarutobietthan | 2016-10-30 21:36 | 出来事 | Comments(0)

ブーケの力。

先日のウエルカムボードを作った花嫁さんの
ブーケが出来たので、私の家まで持って来て見せてくれた友人。
「凄いんだよ!」と、満面の笑みで、来てくれました。

娘の前に、ここに持って来て大丈夫なの?心配でした。
b0116313_21174985.jpg

見せたくなるのも、解ります。
白いドレス用のブーケです。
Тシャツジーンズでも、豪華に見える。。
大きさも凄いけど、色のグラデーションや、花の種類の多さ。
b0116313_21201584.jpg

この小さな百合の、花びらの形が素敵!
カスミソウと薔薇とラナンキュラス。
動きがあります。
どの角度から見ても、素敵。
b0116313_2122222.jpg

緑色の薔薇は、ェ・クレールかな?
b0116313_21232338.jpg

下側には、ブルースターの白い花が。
花びらの質感も色々とあって。
持って歩くと、ふわふわ揺れるのでしょう。
b0116313_2125774.jpg

ドレスを縫ったまりちゃんも、呼び出しました。
皆で、ため息。。。
b0116313_21255740.jpg

こちらは、花婿さんの胸に付けます。
リボンも可愛い。
b0116313_21271555.jpg

こちらが、黄色の色ドレス用のブーケ。
アンテークな落ち着いた色の薔薇と、鮮やかな大きな薔薇が
お互いを引き立てあって。
この、ぼんぼりみたいな揺れる花サンダーソニアを
ブーケに使うなんて可愛い。。
b0116313_21295612.jpg

こちらも、歩くと揺れて動きがあるでしょうね。
b0116313_21303831.jpg

花婿さん用。
どちらのリボンも素敵でしたが、ブーケのリボンを
良く撮らなかったのが残念です。

今は、結婚式のブーケは式場のカタログで選ぶのが多いそうです。
今回は、日立のフォーシーズンズの盆子原さんに特別お願いして
作って貰ったブーケですが、友人が惚れ込んで作ってもらった理由が
よくわかります。
花嫁さんがどんな子か?
どのようなドレスを着るか?
それを良く考慮して作られたブーケなのですね。
作り手の思いやりが、とても感じられます。
物を作ることの原点。
改めて、盆子原さんのキャリアを感じました。

この週は、運動会の暑さからか体調が思わしくなく朝晩薬を
飲んで働いていました。
マッサージに行こうか?と、思いながら。

でもね、このブーケを見せて貰ったらすっかり元気に。
首や肩がパンパンに凝っていたのに、嘘のようにスッキリ。
アドレナリンが出たのか、血液がサラサラに流れ出したのか?
花の力は、凄い。
ましてやブーケは、もっと凄い。

美咲ちゃん、いつまでもお幸せにね。
by sarutobietthan | 2016-10-09 21:40 | 出来事 | Comments(2)

サプライズ!

先週の金曜日は、私の誕生日でした。
お友達に、色々プレゼントを頂いて帰宅。
b0116313_224757.jpg

業務用のピーラー。
高級百貨店の実演販売を見て、買ってくれました。
流石に、切れ味抜群です。
b0116313_2255730.jpg

備長炭入りのアレンジメント。
早速、玄関に飾ります。
b0116313_2272498.jpg

Тシャツと、バックと、ガーゼのバスタオル。
b0116313_2284675.jpg

Тシャツがとっても可愛い。。
早速、着ました。
誕生日を覚えて貰ってるだけでも、嬉しいのに
色々考えて選んで貰い有難う!

7時頃、チャイムが鳴るので玄関を開けると
花束を持った若い男の子が立っていました。
「お誕生日、おめでとうございます。
 お花を持ってきました。」
あら!娘の元彼、今も彼だ!
まあ、何て気の利く子でしょう。
思わず、嬉しくなります。
ちなみに、今日20日が彼の誕生日。
娘は、29日なのよね。
b0116313_22144239.jpg

b0116313_2215237.jpg

サプライズは、嬉しいね。
ちなみに、この日ナナパパは飲み会。。
多分、娘に言われたのでしょうが、それでも仕事帰りに
お花屋さんに寄って買って来てくれるだけでも、有難いです。

b0116313_2217383.jpg

娘からも沖縄から、カードが届いていました。
カードは、アメリカに行ったときに気に入って買っておいた
ものだそうです。
初めての、離れて迎える誕生日でした。
そして、娘のインスタグラムに
b0116313_22185980.jpg

お友達に貰った、笠間のブリュッセンのシュト―レンを
頂ながら、のんびりお茶を飲みました。
b0116313_2333058.jpg

今年になってから、私の周りで色んなことがあり家族、親子、兄弟って
近くて遠く難しいと感じます。
いくら、身近でも言葉で言わないと分からない事って沢山あります。
嬉しい、ありがとう、ちゃんと言わないと伝わらない時もある。

そして、洗濯を干す、掃除をする、料理を作る生活って
同じことの繰り返しのいつもの事なんだけど
それが出来るって、何て幸せなんだろう。
有難いんだろう。
当たり前の普通の生活を送れる事って、奇跡のように
凄い事でもあるんですよね。

その上、こんな誕生日を過ごせたことに感謝します。
時々忘れてしまう時もあるけれど、仏壇に手を合わせて
無事に毎日過ごせることに感謝します。
by sarutobietthan | 2016-09-20 22:27 | 出来事 | Comments(10)