2017年 05月 28日 ( 1 )

49日法要。

b0116313_22121736.jpg

今日は、ばあの49日法要でした。
風邪もどうやら落ち着き、無事に終えることができました。
息子一家は、勿論前泊です。
孫たちが賑やかで、もう前夜からパワー全開。
今日は、お寺で法要の後若住職のお話を聞きました。
我家は、浄土真宗で板敷山と言うお寺の檀家です。
いつも、親鸞聖人や阿弥陀様のお話を解り易くしてくれます。

今日のお話の概要は、

 地中蓮華 (チチュウレンゲ)…

 青色青光 (ショウシキショウコウ)

 黄色黄光 (オウシキオウコウ)

 赤色赤光 (シャクシキサャッコウ)

 白色白光 (ビャクシキビャッコウ)

 ―仏説阿弥陀経・経文─



 蓮のはなが…青い花は青色の光を放ち、黄い花は黄色の光を放ち、

 赤い花は赤色の光を放ち、白い花は白色の光を放ち

 それぞれがチカラいっぱいの光を放って咲いている。

 SMAPの歌った『世界にひとつだけの花』『仏説阿弥陀経』と云う
 お経が元になっているそうなのです。

 浄土真宗が教典としている『仏説阿弥陀経』の中で説かれている『教え』。

 世界でひとつだけの花は私(あなた)自身です。

 私たちひとりひとりが世界でひとつだけの花なのです。

 なぜならそれは、かけがえのない唯一無二の存在だから。

 青い花は青い光を精一杯放てば良い。

 赤い光を放とうとする必要はひとつもない、黄色い花は黄色い光を精一杯放てば良い。

 白い光を放とうとする必要などひとつもない。

 ひとりひとりが精一杯自分自身を生きれば良い。

 他と比較することばかりに奔走し、卑下したり傲慢になったり。

 くだらない名誉や名声を追い求め自分自身を見失う。

 しなければならないこともせず、ただ自分の主張だけを振りかざす。

 そんな私(あなた)にならないでくださいと説いているのです。

心に迷いがある時に、このような話を聞くだけで落ち着く気がします。 

普段の日でも来たいと思うお寺です。

この日の自宅の祭壇に飾るお花を、フォーシーズンズでお願いしました。
b0116313_2234837.jpg

b0116313_22344379.jpg

b0116313_2235163.jpg

b0116313_22351944.jpg


何色とも表現できない優しい色合いで、
一つ一つ、種類も色も違う花がこうして一体となってる不思議。
紫の好きだったばあは、喜んでくれたでしょう。

その後の会食も、和やかに楽しく出来ました。
出席してくれた方が
「ひでさんのお蔭で、こうして今日この様に皆の縁を繋いで
和やかに飲食でき感謝したい」と言ってくださいました。

これで、ばあも安心できたかな?

b0116313_2245195.jpg

ばあの好物で供養します。。
by sarutobietthan | 2017-05-28 22:46 | 出来事 | Comments(0)