ドン・カ・ジョン展。

娘が、生まれて初めての一人旅に行きました。
名古屋ですけどね。。
私だって、一人旅したことないもの。

どうしても、名古屋で行われているドン・カ・ジョン展を
観たかったのです。

海のふたで知った、ドン・カ・ジョンさん。
笠間の復興にも、手を貸してくださいました。

b0116313_22575277.jpg

お土産に買って来てくれました。

何回も、海のふたでも読んでるけど。。
涙が出ちゃうんだよね。
皆がハガキに書いたお願いを、イラストにしてくれます。
娘も、娘の友達も、かりんちゃんも、海のふたさんも
書きました。
b0116313_2259819.jpg
b0116313_22592259.jpg

上手く撮れなくて、スミマセン。
こんな人間になりたいです。
b0116313_230271.jpg

以前にも載せたけど。。
私も、ナナと100回観たいな。。
なぜ、ナナなんだろう?
一心同体だもんね。
b0116313_2312712.jpg

b0116313_2315228.jpg
b0116313_2322137.jpg
b0116313_2323526.jpg
b0116313_2325610.jpg
b0116313_2331315.jpg

9歳の一人息子を失ったお母さんに、届いたハガキです。
このハガキを見て、玄関でポロポロ泣き出してしまったそうです。
偶然にも、息子さんは雪が大好きだったそうです。
この日以来、お母さんは穏やかな日々を取り戻したそうです。
「いてくれている。
 見ていてくれると思うと、恥ずかしいことは出来ない。
 笑っているお母さんが好きだったろうし、頑張ってるお母さんが
 好きだったろうし。」
寂しさを忘れ去ることは出来なくても、愉しい時は素直に笑える日が
増えていったそうです。

言葉の力って、凄いです。
人をこんなに変える事が、出来るんです。

暫く前の新聞に、震災の記事があり
自分の娘一家、奥さんを津波で失ったお父さんの話でした。
津波が来るから逃げようと、娘一家が車で来たそうです。
お父さんは、この子と逃げてと飼い犬を奥さんから、預けられました。
その後、家族が目の前で津波にさらわれ。。
お父さんは、飼い犬と一緒だったことが幸いして
一晩どうにか寒さをしのぐことが出来ました。
飼い犬とお父さんだけ、残りました。
何もする気が起こらず、死ぬことだけ考えていたそうです。
すると誰かから、皆を供養するために残られたのですね。と、
言われたのだそうです。
その時に、ハッとして、そうだ自分が供養しなくては誰もいないのだ。
と、思ったそうです。
今は、仮設住宅から出て自宅を建てることを始めたそうです。

わんちゃんが残ってくれて、良かったな。
本当の一人ぼっちじゃないもの。

言葉って、本当に大きいです。
b0116313_233288.jpg

(こちらは、入院中の父に宛てたものです)

娘が看護師をしていて、辛い事。
あまり多くを語らなくなりましたが、担当の患者さんが
自分の父親位の年齢で、我慢している姿を見ることみたいです。
自分の親くらい。。が辛いみたいです。

一生懸命、色々話しかけて笑ってもらいたいみたいです。

だから、私もナナパパも娘があちこち凄い勢いで出歩いていても
何にも言えないんです。

親として看護師にさせて、良かったのかな?と思うこともあります。

b0116313_23364289.jpg

b0116313_23372318.jpg

お土産。

名古屋では、感動して号泣してきたそうですが、家族そろって美味しく
ういろう食べました。

来年は、私も一緒に行きたくなりました。

笠間のみかさん、お世話になりました。
by sarutobietthan | 2015-04-03 23:05 | 覚えておきたい言葉 | Comments(8)
Commented by 美加 at 2015-04-04 00:14 x
あれれれ~笠間の美加ですよ~!
わたし、何もしてないですけど(^^♪
良い旅だったようでなによりです。366さんやnonnaさんにも行けたみたいでよかったです(^_-)-☆
名古屋、本当に深かった・・・・です。
いろいろお話したいですね!
ふたさんでお会いしましょう♪
Commented by 恵子 at 2015-04-05 07:32 x
娘ちゃんも名古屋に行ってたんですね。
来年は、みんなでドンさん巡り出来るといいですね♪

ナナママサン&美加さん。
うみのふたさんで集合・・・賛成!(笑)
Commented by ケンシロウママ at 2015-04-05 09:06 x
マスミと同じ新体操クラブに1人大成の看護科
の学生がいたんですがこの春クラブを卒業しました。
中学から新体操を始めて高校2年まで頑張って
続けましたが流石に実習が増えて両立が難しく
この前の大会で卒業したのですが
すごく皆に慕われていて最後は皆涙のお別れでした。
自分の親も看護士でナナママさんの所と同じだなと
思いました。娘さんも自分なりに一人旅で
気持ちを切り替えて
頑張っているんでしょうね!
Commented by 417mariyo at 2015-04-05 18:50
ドン・カ・ジョン・さんって
私初めて聞きました。
何だか素敵なお話が沢山載っていますね。
私は愛知県の出身で名古屋はなつかしい街です。
この展覧会、近くに来たら私も行ってみたいです♪
Commented by sarutobietthan at 2015-04-06 21:05
美佳さん
お返事、遅くなりました。
本当に、あの日会っていろいろ教わって良かったです。
たぶん、会わなければどこにも寄れなかったと思います。
一人で行く勇気も出たでしょう。
お会いして、色々お話伺いたいです。
心強くなった一人旅だったでしょう。
だって、別々でも同じ場所に行くっていいですよね。
Commented by sarutobietthan at 2015-04-06 21:09
恵子さん
最初、恵子さんが行くみたいだよって話をしたら
娘も行きたいと言い出したんです。
だから、恵子さんの話をしなかったら行ってないんです。
そして、海のふたで偶然美佳さんに会って色んなところを
教えてもらったみたいです。
みんな、繋がってるね!
Commented by sarutobietthan at 2015-04-06 21:16
ケンシロウママさん
皆に慕われているような人が看護師さんに、なってくれると
いいですよね。
やはり、肉体的にも、精神的にも大変でカウンセリング等
受けてる人も多いみたいです。
そうですよね、人の生死に関わってるんだものね。
試行錯誤して、勤めていくのだと思います。
患者さんの苦しみを少しでも和らげてあげられればいいかなと
思います。
Commented by sarutobietthan at 2015-04-06 21:20
mariyoさん
笠間にはこの方の本や、カードを置いてるお店があります。
今回は、お願い事をはがきで送ってそれぞれにイラストにして
貰えたので個展に行って、自分のイラストを見つけに行くのが
目的のようでした。
友達や、海のふたというカフェのオーナーさんのイラストを
見つけて、カジョンさんとお話したり楽しかったようです。
場所は名古屋ドーム近くのようでした。ご本人は小牧市に
お住いのようです。
<< いつもの暮らし。 3月の太陽と月の珈琲。 >>