あすなろラボ、林先生の授業。

日曜日の夜、林先生の授業をテレビで見ました。
現代のお母さんの悩みを解決する授業です。

どんな事を言うのかな?と思っていたら。。
ガツン!とやられました。

親子の関係を良くするには、たったひとつの方法しかないそうです。
下の文は、吉本ばななさんの父吉本隆明さんの文章。
b0116313_2314131.jpg
b0116313_23142366.jpg


家で手作りのものを、ちゃんと食べさせる、これは絶対譲ってはいけないと
言ってました。

何日前の記事で、お母さんが子供に美味しい物で
お腹いっぱいにすれば。。という事をコメント頂いてましたよね?

私は家族にご飯を作るのが好き。

それは、外で食べて美味しかったものを食べさせたくて。

美味しいって、言ってもらえるのが嬉しくて。

術後のばあが、点滴よりもおかゆを口にしてグングン元気に
なっていくのを見て食べ物の大切さが身にしみたから。

お嫁に来て、最初は居場所がキッチンしか無かったから。

色んなことが重なって、やっぱり私は料理が好きなんです。

今でも、亡くなった祖母が作ってくれた混ぜご飯や、せりの卵とじの
味は忘れない。
祖母はいつまでも、私の中で生きていると思っていました。

だから、私がいなくなっても誰か思い出してくれるかな?と。

子供たちが、どう思っているかは分かりませんが。

これからも、忘れずに作っていこうと改めて思いました。

確かに母の味で、家族を洗脳するってあるかも知れませんよね?
例えば、甘辛い味が好きだったり、甘い玉子焼きが好きだったり。

母が、家族のために毎日何かを頑張る姿が大事なんでしょうね。

30年前、キッチンでメソメソしていたんですよ。。

b0116313_23343063.jpg

夏は、モロヘイヤや丘ひじきが食べたくなります。

b0116313_23345256.jpg

トマトたっぷりのカレー。

b0116313_23354150.jpg

翌日はカレーパスタ。

b0116313_23375322.jpg

バジルの葉を貰ったので、にんにく、塩、オリーブオイルで
バジルソースを作ります。

b0116313_23392321.jpg

鮭のムニエルに使ったり、ホットサンドに入れたり大活躍。

b0116313_23412332.jpg

じいの命日に作った、手抜きおはぎ。

b0116313_042250.jpg

cocociさんで作ったチーズケーキを再現。

b0116313_23435173.jpg

茄子を揚げて、たっぷり生姜で食べます。

b0116313_23455524.jpg

フライドオニオン。

b0116313_2346553.jpg

ラッキョウ酢で、ピクルス。

b0116313_23492167.jpg

採れたてのアスパラと、コーンのピラフ。

そう言えば、祖母が亡くなる前に、もう何も食べられない状態の時。
娘が幼稚園生で、ベットの脇でみかんを食べていたら
食べたいと、ゼスチャーをしました。
多分、看護士さんに聞いても駄目と言われそう。。
だけど、もう、食べさせてあげたくて絞って口に含ませたら
「あー」と大きく息をして満足そうでした。
結局、それが死に水になってしまったけど、
食べさせて良かったと思った。

じいも、最後に外泊で帰って来た時に食べたのが
大好きな鉄火丼だった。
きっと、最後の食事らしい食事でその後は食べられなくなった。

だから、今、ばあや、実家の両親にも美味しいものが手に入ると
食べさせてあげたくなる。

ずっとずっと、食べることはやっぱり大切。
by sarutobietthan | 2013-07-20 23:56 | 覚えておきたい言葉 | Comments(6)
Commented by ベスママ at 2013-07-21 08:54 x
共感です。相手のハートを射止めるなら、胃袋をつかめ!の一言ですものね。台所で泣いていた可愛いお嫁さんが、今は家庭の中心になって仕切ってますね。そんな姿を見て育った息子さんは、似たお嫁さんを見つけて、いつかナナママさんそっくりに娘さんもなられるでしょう!料理は舌で覚える。。我が家でも教えてなくても、母の味を再現されると嬉しくなります。主婦業って素晴らしいですね。
Commented by midori1872 at 2013-07-21 22:09
私ってね、、、超出来が悪くて、、、結婚した当時本当に何もできなかった。一番だしって??味付けの順番??キューピー3分間クッキングで毎日勉強しました。魚の始末は行商のお婆さんが教えてくれて・・・・・・
そのくせ巻き寿司を巻いたり餅きりが上手だったり、ばあちゃんのお陰です♪味は全く覚えていないけれど・・・・
息子は市販のお弁当が嫌いで、少年野球で遠征の時は「お願いおむすびだけで良いから作って!」未だに市販品は嫌いでお嫁さんはせっせと作っています。今は私もせっせと主人と孫の為に作っています。
人はなくなる時「良い人生だった」と終われるか、また懐かしく思いだしてもらえるか・・・だと思います。ちょっとだけでも良いから思いだしてくれたらいいなぁ~
現在はネットの時代でいろんな方から美味しいものの作り方も教えて貰って嬉しい♪ナナママさんもいろんな事教えてくださる一人です(*^_^*)
Commented by まゆたん at 2013-07-22 00:00 x
なんだか
涙が出ました…

このところ、体調も気分も優れず
(コメントも久しぶりになってしまいました)

色々手抜きで周りに迷惑を掛けていて

毎日のご飯は
本当に大切ですね
ウチの子供達もママのご飯が一番好きと言ってくれますが
最近は簡単に済ます事が多くて

いつも
ナナママサンのブログでは
気づかされる事ばかりです


おいしいご飯で
お腹いっぱい笑顔いっぱいの家庭がいーですねー♪

お導きのブログ、ありがとうございます(o^_^o)
Commented by sarutobietthan at 2013-07-22 22:27
ベスママさん
家族を味付けでいつの間にか、マインドコントロールしている
なんて凄いですね。
お母さんの味は、食べるとほっとします。
今は、運動会などもオードブルの出前を頼む人も多く
運動会の思い出って、オードブル?と思ってしまいます。。
今は便利で、どこでも何でも買えますが、それに甘えていると
怖いしっぺ返しに合うと思います。
家族の喜ぶ顔を思い浮かべながら作るご飯は、きっと美味しい
はずですものね。
娘がそうなってくれれば、思い残すことは無いのですが。。
Commented by sarutobietthan at 2013-07-22 22:32
midori1872さん
魚をさばいたり、野菜を無農薬で作ってるだけでも
スーパーお母さんですよ。
お孫ちゃんたちは、月曜のご飯や、山登りのおにぎり
絶対忘れないよ。
そのうち、一緒に作って色々覚えていくんでしょうね。
それって、凄い財産ですよね。
身についたことは忘れないもの。
宝物ですよ。
私もがんばろう。
Commented by sarutobietthan at 2013-07-22 22:48
まゆたんさん
どうしてるのかな?って思っていました。
調子悪いときは、それなりでいいと思います。
長い人生のほんの一部なんですから。
家族に甘えても大丈夫。
それより、迷惑をかけて悪いとか、ちゃんとやらなくちゃとか
心配かけないようにしようとか、思わなくていいんですよ。
お互い様なんですから。
誰だって、そんな時があるんです。
まゆたんさんだけじゃないんですよ。
家の灯りの数だけ、その家の悩みってあると思います。
今まで一生懸命やってきたんですから、ちょっと力を抜いても
いいと思います。
もし、辛いときはお話聞くらいしかできませんが声を掛けて
くださいね。
私も、そんな時がありましたから。
必ず終わる時が来るのです。
<< サマースノーで、寄植え教室。 cocociさんのお菓子教室。 >>