「心」が人生を変える。

秋の匂い。
私は、金木犀の匂いと籾殻を燃やす匂い。
どっちも大好き。
籾殻を燃やす匂いは母に抱っこされてるような、
懐かしく居心地の良い匂い。

b0116313_22181416.jpg


私がよくPHPを読んでいるので、友人が新しい本を
貸してくれました。

10月号は悩みからの抜け出し方。
「心」が人生を変えるです。

その中に曹洞宗の住職の言葉がありました。
答えは一つではない。

悩みの原因は執着心が発端。
悩みを減らす三つの考え。

一つ目は人と比べないこと。
他人は他人、自分は自分でそれぞれ絶対的存在なのです。

二つ目は自分にないものは求めないこと。
人には得手不得手がありそれが個性。
まずは自分の特技は何か?
能力はどこにあるのかを自ら知る。

三つ目は、自分の力をはるかに超えたところから起こる悩み。
人生には理不尽なことも起こります。
病気や老いばかりではなく、事故に遭うこともある。

それでも人は生きていかなければなりません。
このような時には、難しいことではありますが、
正面から受け入れるしかないのです。

流れ行く時間の中で、雲を眺め
道端に咲く一輪の花に目を向けてみる。

この空白のような時間が、実は私たちにとってとても
大切な時間となるのです。

自分の力ではどうしようもない悩み、これは、
大自然の流れに身をゆだねるしかないのです。

人間にはとても及ばない見えない力、
それに任せてみることも必要なのです。

人生には明確な答えなどありません。
人生の中にはいくつもの答えがあります。

一つの答えを求めない心こそが、人への優しさや
思いやりを育んできたのではないかと思っています。

b0116313_22414686.jpg
b0116313_2242937.jpg


人間って今、物凄い発明をしたり進んだ世の中になって
きているけど、やっぱりただの1輪の花に癒されることもあるんですね。

b0116313_22434529.jpg

ただの1輪も無駄な花は無いと言うことでしょう。

人間もただの一人でも、大切な一人。
by sarutobietthan | 2012-10-05 22:45 | 覚えておきたい言葉 | Comments(0)
<< バースデイ パンケーキ。 まだまだ、お土産。 >>