癒されるということ

最近、作ったご飯。
b0116313_21593987.jpg

ひじき、切干大根、人参、油揚げの煮物。
だしを効かせて煮る、娘の好物。

b0116313_2205566.jpg

残った手揚げの油揚げをカリカリに焼いて食べるのも美味しい。
おつまみにもってこい。

b0116313_2221295.jpg

冷蔵庫が空っぽで、かに玉の素で作りました。

b0116313_2232451.jpg

ササミに片栗粉をまぶして焼き、醤油、砂糖、レモン汁を絡めたもの。
あんかけにしたほうが、味がよく絡んだかも?

b0116313_225151.jpg

どうしても甘いものが食べたくて、白玉。

b0116313_226662.jpg

我が家のだし。
今年はきゅうりが不作で、頂き物が無くて作れませんでした。
直売所で5本100円のきゅうりを見つけて、嬉しい!
茄子、きゅうり、みょうがを刻んで、塩こんぶと醤油で和えました。
しそか、ゆかりのふりかけを入れても良かった。
胡麻が入ると、又一味美味しくなります。

b0116313_2285945.jpg

お料理教室のトマトのサラダの復習。

b0116313_2295037.jpg

茄子カレー。
玉ねぎ、茄子を炒めて、お肉にコーンもたっぷり入れて
トマト缶で煮込みました。

b0116313_22131826.jpg

何もない時の必殺技。
もやしオムレツ。

b0116313_22144011.jpg

お嫁ちゃん家の新ごぼうと切りこぶの煮物。
色の通り、少し薄味だった。。

b0116313_22205599.jpg

久しぶりに作ったにんじんドレッシング。
やっぱり、凄く美味しい。
野菜がたっぷり食べられる。

重症だと思っていたぎっくり腰が、思っていたよりは早く
良くなっています。
色んなお友達から、治ったの?大丈夫?と声を掛けてもらいました。

人間の治癒力って、多分薬よりもそんな気にかけてもらうことの
方が効き目があるんじゃないのかと思う。

以前、テレビで生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしないで
おくと死んでしまうとやっていたけれど。。

大人でも赤ちゃんでも、優しくかけてもらう声や笑顔って
凄く体を活性化するんだろうね。

今回の地震や津波の災害で被災した方がインタビューに
答える時、笑顔で頑張ると答えている。
誰かが言っていた。
笑顔で体を動かすことが、自分を保つために1番良いと
自然に解ってやってるんじゃないかって。

泣いてばかりいて伏してしたら生命が危ないって
本能的に気付いて防いでるらしい。

時々、友達と話す。
終末期の病院はハワイのコンドミニア風にしてハワイアンを
流して、先生も看護師さんもアロハやムームーを着て。
そしたら、気持ちが軽くなって穏やかな最期を迎えられるんじゃないかな?
そんな病院があったらいいね。
だって、白い壁に囲まれて暮らすのはキツイよね。
私だったら、3日で余計に具合が悪くなりそうだもの。
心のケアがこれからの医療を変えていくよね。
by sarutobietthan | 2011-08-05 22:17 | 料理 | Comments(6)
Commented by himawarie-sun at 2011-08-05 22:46
確かにねぇ。
昔、同時3歳だった二女が入院した時に
泊まり込みで付き添っていたんだけど
白い壁に囲まれた部屋に1週間もいたら
病気じゃなくても病気になりそうだったもん。
精神的にキツイ時
ネットの友人がチャットで励ましてくれたんだけど
「そうい時は無理してでも笑えや」って。
「キツイかもしれへんけど、無理にでも笑顔を作っていれば
自然に笑えるようになるんや」って教えてくれて
顔も、本名も知らない私を励ましてくれたの。
辛い時こそ、笑顔でいることがいいんだね。
笑っていればガンだってやっつけられちゃうんだもんねー。
Commented by midori1872 at 2011-08-06 08:45
15年前に亡くなった主人と病気と闘っていた時に側に居てくれたのは私の家族だった。特に両親には心身共に助けてもらった。その頃生活の為にパートながら職を転々としていた時ある若い子と一緒だった。
その店もなくなりどうしてるのかな?結婚したかと気になってはいたけど、昨日ローソンでばったり。「お久しぶり~」「元気だった~」名はまだ旧姓のままだった。彼女が「お連れの方は息子さん?」「いいえ、主人ですよん」「再婚されたんですね~♪」もうこれだけで15年は縮まった気がする。逢えてうれしかったなぁ~彼女も全然変わってなかったしね。
Commented by chacha-happydiary at 2011-08-06 21:54
ぎっくり腰良くなって来てよかったですね。
本当に人間の自然治癒力って時には薬よりも効果をあげるんだろうね。病は気からとも言うし♪
きっと笑顔は万病の薬なんだろうね。
私も終末期は、ハワイアン風の病院で過ごした~い(*^^*)
Commented by sarutobietthan at 2011-08-07 22:03
himawarieさん
本当に私は病院が苦手。
匂いも駄目。
注射の針が刺さるところは見たこと無い。
だもの、入院したらもっと具合が悪くなりそう。。
たとえ、大病でも笑って退治しましょう!
NK細胞は凄い力を発揮してくれるから!
Commented by sarutobietthan at 2011-08-07 22:06
midori1872さん
息子さんに間違えられる旦那さんがいるなんて
羨ましいです。
過去の辛いことがあるから、今があるんですよね。
これからは、きっとずっといい事ばかりだと思いますよ。
家族に感謝する気持ちを忘れてないものね。
今回の震災でもこのことが1番良く解りましたよね。
Commented by sarutobietthan at 2011-08-07 22:08
茶々さん
でしょ、でしょ!
私も病院らしくない病院があったらいいよね。
でも、後少しでそんな病院もできるかも知れないよね。
看護師さんだって、ナース服よりムームーの方が
いいかもよね?
楽しそうだものね。
<< 体力温存 嬉しいお土産 >>