梅雨が明けて

b0116313_23111252.jpg

梅雨が明けて、今日はピカーンと青空でした。
b0116313_2312829.jpg

じいが育てていた百合ももうすぐ咲きそうです。
b0116313_2313012.jpg
b0116313_23131235.jpg

毎年、秋まで咲かない隅田川の花火、珍しく咲きました。
沢山の方からお悔やみのコメントを頂きありがとうございます。
告別式も終わり、じいのお骨を目の当たりにしたにも関わらず
全然、実感がありません。
ナンバーディスプレイに080の番号で掛かってくると
また、じいだ。と思ってしまいます。
これから35日の法要と初盆まで忙しく、わからないことばかりです。
お嫁ちゃん家のおじいちゃんが亡くなって、結婚式が終わって、
赤ちゃんが生まれて、我が家のじいが亡くなって。
命の始まりと終わりを実感しました。
じいの病気は末期の胃がんでした。
ある程度の覚悟はできていました。
ただ、最後まで誰の手も煩わすことも無く痛いということも
なかったのでじいにとっては良い最後だったのでしょう。
誰もが、好きに生きて何も思い残すことの無い一生だったろうと言う
生き方でした。
息子がしばらく泊まって、うどんやジャガイモの煮物などを作ってくれ
時に「赤ちゃん、どうしてるかな?」と恋しくなったりしていましたが、
向こうに帰ればこちらが心配で、電話をよこします。
甥も姪も娘も息子も歳が近いので、しばらくは宿泊学習のようでしたが、
皆、大きくなったので掃除やお茶出しなど率先してくれ本当に助かりました。
旦那は告別式後、高熱を出し点滴。
へたれ、と呼ばれていました。

今日はゆっくり片付けをしました。
b0116313_2336040.jpg

去年も作ったきゅうりの佃煮。
べスママさんが沢山作ってくれました。
美味しくて食も進みます。
ばあは大好きです。味海苔にご飯を載せこれをはさんで食べました。
b0116313_23382921.jpg

野菜が沢山貯まってしまったので野菜スープ。
トマトとバジルで味付け。キャベツ、玉ねぎ、茄子、ジャガイモたっぷりです。
b0116313_23404014.jpg

ばあが、フランスパンとピザが好きなのでピザトーストです。
ピザソース代わりに、完熟トマトのスライスで。
さっぱり、美味しいです。
b0116313_2342523.jpg

オニオンスライス。
酢醤油でいただきます。
貯まってしまった野菜消費の夕飯でした。
b0116313_071580.jpg

ちなみに白キムチは切ったきゅうりにこのたれを絡めて5分で
食べられます。
糸唐辛子や白髪ねぎを載せればお洒落です。

ナナは最初、じいを探していましたが祭壇の前の座布団にしばらく
座ってからは探さなくなりました。
by sarutobietthan | 2010-07-18 23:56 | 日常 | Comments(6)
Commented by ベスママ at 2010-07-19 06:09 x
人の生死にかかわると、人はさらに優しくなり成長しますね。息子さんが自分の家族と実家を心配して行き来してる姿。。ナナママさん、もう安心ですね。ナナちゃんまで、ちゃんと理解して偉い!これからがナナママさんにお疲れが出るころですので、くれぐれも御身お大切に。 きゅうりの漬物、おいしいです。今年も沢山作って酷暑を乗り切ります!!
Commented by kmori3107 at 2010-07-20 09:02
息子さん、ご実家と自分の家庭との往復なさっているとは!なんて優しい息子さんさんでしょう!
ベスママさんのおっしゃるように 私も両親との別れを経験して、成長したように思えます(優しさも、、、ね)。

悲しみとこの暑さで食欲もないかもしれませんが、沢山美味しいものを召し上がって乗り越えてください。

ナナちゃんの行動、、、、泣けてきます。
Commented by ケンシロウママ at 2010-07-20 10:57 x
お義父様の事謹んでお悔やみ申し上げます。
うちの父も末期の胃がんで貧血で苦しみましたが
亡くなる1週間前に東京の妹が見舞いに来た
時は大好きなお寿司を美味しそうに食べた事を
思い出しました。じい様も自宅に戻って鉄火丼完食
されてましたものね?
痛がるのを傍で見るのは家族は辛いです。
苦しまずに最後を迎えられた事は
よかったと思います。
しばらくは慌ただしいかと思いますが
ちょっと落ち着いた頃実感も湧いてくるかと
思います。暑いのでナナママさんも
体調を崩さぬようにしてくださいね。
Commented by sarutobietthan at 2010-07-21 22:20
ベスママさん
自分は成長したのかはわかりませんが、子供たちはびっくりするほど
成長しました。
今日も息子が来て、祭壇にメロンを2個供えてくれました。
娘はばあがお風呂で体をよく洗ってないようで、頃合を
見計らって背中などをゴシゴシ、湯上りに体を拭いて
あげています。じいが亡くなった次の日も、目を腫らして
実習に出かけました。こんなになったんだ。。。
実感しました。悲しいこともあるけど、その中に嬉しいことも
見つかるのですね。
Commented by sarutobietthan at 2010-07-21 22:24
kinさん
やはり、子供たちはじいばあと暮らし大きくなったので
今はばあを一生懸命励ましてくれてます。
ばあも悲しみの中に嬉しさも見つけていると思います。
どんな出来事の中にもひとつだけではなく、何個かの
意味があるのでしょう。
ナナの姿を見て、私もばあもびっくりでした。
1番、涙を誘う姿だっでしょう。
雑念がない分、純粋なのでしょうね。
Commented by sarutobietthan at 2010-07-21 22:29
ケンシロウママさん
やはり、そうでしたか。なんとなく、そうかな?と思っていました。
長く苦しむこちが無かっただけでも、良かったと思います。
その姿を見るのは耐え難いと思います。
写真ではありますが、息子の結婚式の様子や初ひ孫の顔も
見る事が出来ましたので幸いです。
食べたいものを食べて、好きに生きて幸せだったと思います。
ケンシロウママさんもお若いうちに色々経験されているので、
今、穏やかに子育てが出来るのでしょうね。
色々、気にかけていただきありがとうございます。
<< きゅうりの佃煮 別れの時 >>